Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

カメラを買いました

カメラ買いました。

OM-D E-M5 はホールドです。

後継機種が年末に出るとか出ないとか噂はあるものの、今の私が欲しいものはなんだろう?と考えた時、ダウングレードすることになりました。



常にハイスペックの新作を追うことに意味を感じなくなったというか。



新居の家電選びも冷蔵庫のサイズを落としたり、トースターを排除したり、要る?要らない?を厳選しました。


カメラも作品と作品の元となる風景や静物写真を撮るのだから一眼のハイスペックモデルを狙うべきなのかもしれません。

しかしながら、これまで個展でご来場いただいた方が褒めてくださる写真はデジイチ、コンパクトカメラやiPhoneで撮ったものなど様々。


いいカメラ+いいレンズで撮れば更に心を捉える1枚が撮れることも知っているが私は「あっ!」と気になった風景を「ぱっ!」と切り取りたい。

それならiPhoneが最適なのだが、作品の写真を撮る際、自然光で撮ることを心がけているので、そうなるとホワイトバランスなど調整できなくては天然石の色は表現できない。これまではアプリで調整したりしていたが、やはりカメラで撮ったものより映像に厚みがなくなる気がする。


そこで、持ち歩きも軽快な薄型のレンズを調べていたら、この14-42mm 3.5-5.6 EZがわずか89gと軽く世界最薄22mm、見た目もよく性能も欲しかった25mm f1.8の単焦点レンズとそう差異のないクオリティで、電源ONと共にレンズもスタンバイになる電動ズーム。


なんだって?!


と、心が動いた。

しかも、カメラ本体とレンズを別々に買うとレンズだけで¥33,800のところ、本体+¥8,000で買えるというセットだからなのか?本当はイマイチなのか?と悩ませる価格設定に戸惑ったものの、こちらで心を決めました。


2019060906470544b.jpeg



何より、このカラーリング。

私のラッキーカラーのホワイトですし。


ネットで買えば明日届くとのことでしたが、お店まで行くことに。そう、店頭販売だと値引きがある❤︎

たまたまCanonからOLYMPUSへ乗り換えたという店員さんとOLYMPUS話で盛り上がり、とっても楽しいお買い物となりました。



充電を終えた今朝、早速使ってみたら、あらビックリ。

昔使っていた頃のPENとは別物。さらにハイテク化?が進みエラいことになってる。これはなかなか楽しみなカメラを手に入れたなと我ながらこの選択に満足している。

関連記事

雹が降っても大丈夫

出かけようとしていたTomoのために雨雲レーダーを見たら雷雲に取り囲まれていることが分かり、今日はやめやうと話した矢先、大粒の雨が降ったかと思えば天窓を激しく打ち付ける硬い音。


見上げるとが降っていました。

その量といったらあっという間に川のようになり濁流に。

新居の土地を探す際に東京都が出している地震マップはじめ、水害や災害に関する地図は記憶できそうなほど見て決めたので大丈夫だとは思っていましたが、この流れるを見ていたら不安になりました。



早速夫に1番震災の可能性があるガレージを見にいってもらったらシャッターの所まで水位が来ていないとのこと。とても平坦な土地なのにどこかへ向かって勢いよく流れる水にちょっとホッとしたりしました。

関連記事

あまりに異なる気候

過去2014、2017、2018年の今日の投稿。



20190122233813c5b.jpeg 


ミシガンにいた頃は-25℃でガレージの中なのに車から垂れた雪どけ水が凍っていると書いていて、


201901222338121f2.jpeg

メキシコにいた頃は日中25℃まで上がって暑いと書いている。




20190122233815f9f.jpeg


ちなみに昨年東京で大雪が降ったのも今日。


ずいぶん気候の異なるところに住んでいたんだなぁと実感。


関連記事

A coniferous tree in the glow of the sunset

A coniferous tree in the glow of the sunset

「暮れ残る針葉樹」

いつもの年ならもう山は黄葉したカラマツで
覆われているはずなのに、まだ青さが残っていた10月の蓼科

夕闇が迫る少し前のまだ景色に色が時間、空の青さは
刻々と変化し、その美しさに目が離せなくなります。

800-PA300046.jpg
↑ 長さは約43cm
 トップのV字部分がお顔周りをスッキリと見せてくれます。

800-PA300048.jpg
↑ トップのタンザナイトは通常ビーズに加工されることのない
 最上級品で透明度、発色共に見入ってしまう美しさです。
 合わせたグリーンカイヤナイトもレアな石でこのカットは
 特に珍しいと思います。

800-PA300051.jpg
ピアス
 小さめのタンザナイトスモーキークォーツを合わせた
 シンプルなデザインです。
↓ 装着写真。大きさの参考に!
800-PA300057.jpg 



800-PA300054.jpg
ピアス
 ①のものにグリーンカイヤナイトをプラスしたデザインです。
 ピアス単体で使うこともある方はこれくらいがかわいいかも。
↓ 装着写真。髪の色にも映えますよ。
800-PA300056.jpg 

800-PA300053.jpg 
ピアス
 耳たぶを挟むように繋がったデザイン。
 アップスタイルが多い方にオススメです。
↓ 装着写真。写真なので実際の着け方とは異なりますが
 サイズ感の参考になさって下さい。
800-PA300058.jpg

618J29TZNTDRGK N26800 P17920 P28640 P39320
 

関連記事

The mist lifted and the sun came out

The mist lifted and the sun came out.

霧が晴れ、太陽が顔を出した


吹き抜けのある二階の窓から見える風景がまた好きで、朝リビングへ降りる前に少し眺めたりします。その日、淡い霧に包まれた蓼科の森はいつもより少しひんやりとしていて鳥の声も少し遠く感じます。


霧もまた良し!と、風景を撮影しはじめたら、みるみる晴れて太陽が顔を出します。山の天気は気まぐれです。



800-PA250008.jpg

↑ 大粒の宝石質トパーズ AAAクオリティ。

 11月の誕生石としても知られていますよね。


800-PA250011.jpg

↑ 発色、透明度、艶どれもとても美しいです。


800-PA250022.jpg

ピアスはシンプルに淡水パールと合わせました。



618J24IPTZMPTP N29190 P5400

 




618J24IPTZMPTP

関連記事