Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

Antique Mall in OH 3

Air Show の日記が途中ですが、イベントの前日に
アンティークモールへ立ち寄ったのでその時のお宝を公開(笑)

初めてオハイオのモールへ行った時に Cambridge Glass Company の
食器が気に入っていていつか欲しい(ちょっと高いので)と思っていました。

今回、最初に目に入ったのもこの Cambridge のカップ&ソーサー
でしたが、1脚60ドルオーバーでちょっと手が出せず・・・


と。

b50-P7175908.jpg
↑ 見つけました!しかも19ドル。
 Cambridge "Rose Point" Shape 3900 Cup & Saucer Set

この柄は1936-1953年の約20年間作られていました。
だから一番新しくても60年ものってこと。


b50-P7175913.jpg
↑ 柄の種類はたくさんあるんですが、この RosePoint も
 お気に入りの一つ。いろんな柄のセットが欲しいのです。


b50-P7175914.jpg
↑ たぶんお安い理由はこの底の歪みが大きいからではないかと。
 でも自分で使うから気にならないさってことで購入。

******

結婚する時に食器はすべて自分の好きなもので揃えようと
張り切って集めたんですが、すべて2つずつなんです。
そうしたら、もし複数のお客様がいらしてもみんなバラバラなら
気にならないでしょう?

だから2脚あればOK !

******

続いて・・・


b50-P7175917.jpg
↑ Fostoria Glass Company "Colony" Cup & Saucer set

1920-1980年代にかけて作られましたが、そのほとんどが
1950年代に作られています。

ということは、これも60年ものかも?


b50-P7175928.jpg
↑ これも破格でした。相場でも10ドルしないものが多いのですが
 これは3ドル以下(笑) 多分この気泡のせい?

美品はお金出せばあるんですが、こういう気泡が入ったことで
このカップは世界に一つのものになったんじゃないかと
そんな風に感じて手に取ってしまいました。


b50-P7175934.jpg
↑ シンプルに見えて実は計算され尽くしているのでは?という
 曲線の美しさ。


b50-P7175937.jpg
↑ このふっくらしたウェーブが重なるとまた新しい"美"を
 生み出します。

******

購入時は多少くすみがありましたが、
これもアメリカのディッシュウォッシャーにかかれば
お見事ツヤッツヤのピッカピカ。

一見繊細に見えるけれど、60年もこの世に存在し続けた食器達
どこかたくましく、そのギャップがまた魅力でもあります。


これでまたお友達を招くのが楽しくなりそう。
 

関連記事

Air Show 前日

7月6、7日の1泊でオハイオ州デイトンでのエアーショーを観に
行って来ました。

"Dayton Air Show, 2012"

事前情報でダウンタウンの治安は良くはなさそうだったので
空港から近い フーバーハイツ(Huber Hights)というところの Hampton Inn にしました。

b50-P7065111.jpg
↑ クイーンベッドが2つの部屋ですが、部屋、バスルーム共に広く
 なかなか清潔で、冷蔵庫や電子レンジ、コーヒーメーカーなども
 ついていて快適に過ごせました。

イベントがあるからなのか?2名2室で 147ドル/Room と
部屋の割に少し高めでした。
ちなみにこのホテルもイベントも No Pets でしたので
GIULIAはまたサマーキャンプに行ってもらいました(笑)

屋外でのイベントなのに予想最高気温40度オーバーの酷暑。
一緒に連れて来なくてGIULIAのためにも良かったと思います。

******

オハイオといえばアンティークモール(笑)

聖地と言われている場所ですから立ち寄らないわけにはいきません。
今回ご一緒いただいたお友達夫妻にもおつき合いいただき
ちゃっかりお宝ゲットいたしました。

しかし、オハイオ一帯は1週間前のストームによる大停電が起きており
大型モール内もエアコンなし。暑さで朦朧とする中、
目はきっちり開けてました。

******

もう一つ予定していた空軍博物館は時間切れで行けず、
ひとまずホテルへ直行後、夕飯を食べに出かけました。

チェックしていたのはトロイのビストロなど数件ありましたが
金曜夜からの前夜祭に行くことを考えホテル近くのタイ料理店へ。

b50-P7065112.jpg b50-P7065113.jpg
↑ Pad Thai と Roast Duck Curry

b50-P7065114.jpg b50-P7065115.jpg
↑ Thai Cashew Nut と Garlic Fish

b50-P7065116.jpg b50-P7065119.jpg
↑ Home Made Coconut Ice cream

iYara Thai Restaurant
http://www.iyarathaidayton.com/
Huber Hights Shopping Centre にあります。

ミシガンにもタイ料理店はありますが、たいてい中国や韓国の方が
経営されていて味付けがどこも塩辛くて食べきれないことが多いのですが
このお店はちゃんとタイで食べるタイの味に一番近いと感じました。
また行きたいです。

*****

b50-P7065122.jpg
↑ Hanger Party ではライブ、ナイトフライトなどが予定されています。

b50-P7065127.jpg
↑ なんだっけ?ヘリのように離発着できて
 飛行機なのにホバリングできるっていう・・・

b50-P7065131.jpg b50-P7065133.jpg
↑ お仕事ヘリと何に使う車だろう?
 こういうのがいっぱい見学できます。

b50-P7065136.jpg
↑ 今までに射ったミサイルの数?だという話

b50-P7065144.jpg
↑ エンジンの下でなにやらマニアックなお話中。

b50-P7065145.jpg
↑ 展示物に実際触ったり乗ったりできるのがうれしい。

b50-P7065148.jpg← Bud Pass

b50-P7065150.jpg
↑ カメラ持ってたら撮れとポーズしてくれた。


b50-P7065152.jpg←乾杯!


b50-P7065157.jpg←お裾分け

b50-P7065156.jpg
↑ ライブが始まると踊り始める人達。
 ステージの一番前でビジュアル的にはかなり決まってる男性が
 「オレをみて!」オーラ出しまくって踊ってたんだけど
 実はバンドのゲストメンバーだったっていう。
 しかも歌はうまくなかったっていう・・・残念なお話。

実際、ライブをみていた米人もその人が歌い始めると
帰り始めて、その人がステージから降りたらまた集まり始めるの
反応が正直で分かりやすい。

******

b50-P7065169.jpg←Blue Angels 待機中

b50-P7065172.jpg
↑ 1機の飛行機から何か細かいものが・・・

b50-P7065194.jpg
↑ 女性だけのパラシュートチームだそうです。

b50-P7065212.jpg
↑ 割と若くないメンバーも、あの年齢で現役ってカッコいいよね。

b50-P7065204.jpg
↑ 夕焼けの戦闘機ってまたいい。

b50-P7065217.jpg b50-P7065218.jpg
↑ カートの形をした乗り物で意味なく走り回るおじさんは
 好奇心旺盛な観客の心をくすぐらないはずはなく
 つかまって質問攻めになってました。

暑かったけど、前日入りしてゆっくり楽しむっていう
アメリカ的イベントの楽しみ方が我が家には合っているようです。

さて、本番のお話はまた今度。

関連記事

"Fenton Art Glass"

7/2~5の4連休のうち間の2日間でオハイオ州へ行ってきました。

オハイオ州にはガラスの原料が採れたことからたくさんの
ガラス製品の製造会社あったそうです。

ファイヤーキングで有名な「Anchor Hocking」をはじめ
現存するメーカーもいくつかあります。

↓ 今回の収穫
b-P7051526.jpg


******


今回私が気に入って連れ帰ったものの中から、今回はフェントンを
ご紹介します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
" Fenton " は1905年に" Frank L " と " John W. Fenton "によりはじまり、
ハンドメイドのカラーアートガラスの全米最大のメーカーです。

また、100年に渡り、手書きの花柄、22Kのアクセントなど、
色、パターンも発展してきました。
そう2005年でちょうど100周年だったんです。

工房は3、4代目の職人が常に技術を鍛錬しながら、
100名を超えるスタッフが、ウエストバージニアで働いています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とホームページに書いてあります。(私の解釈が間違っていなければ)


******


さて、勉強をしたところで、まずはこちら。

↓ Fenton " Silvercrest 3 Tier Tidbit Stand "
b-P7051527.jpg

  crest は「波のうねり」とか「波頭」を意味するのできっと波立つ
↓ 水面が銀色に輝いている様子をデザインしたのでしょうか?
b-P7061640.jpg

" The crest of the wave " 「幸運の絶頂」なんて言葉もあるし、
縁起も良さそうですね(笑)

これは母から「アフターヌーンティする時の3段のアレが欲しい」
との要望があり、探していましたが、ピンっとくるものがなく
やっと辿り着いた1点です。

この波々、安いのだとくぼみに得体の知れない汚れがびっしりついていたり
するので、ネットなどでは手が出せないんです。やはり実物見ないとね。

更には使い勝手も良くないとね。
アメリカの食洗器なら問題なくこのまま入りますが、
日本で使うことを考え、バラせるモノが条件でした。

b-P7061628.jpg
↑ 簡単にバラバラ

b-P7061629.jpg
↑ 3枚のどのお皿にもハンドルがつくので、
  1段でサンドウィッチ用プレートとしても・・・

b-P7061631.jpg
↑ もちろん大と小、中と小、大と中など2段でもOK

その時のサーブの量やメニューで変えられるのもいいでしょ?

しかも、かなりの美品なのに驚きの価格!
b-P7055782.jpg
↑ それもそのはず。棚の奥に潜んでましたから。

早速母に報告したらとっても喜んでくれました。
ま、お届けは送料の方が高くついてしまうので、帰国時ですが(笑)

こちらは1970年代に作られたものなので、比較的新しいのですが
40年も経っているようには見えません。(私と同じ年代だよ・・・)
大事に使ってくださっていたのでしょうね。


******


続いては

↓ Fenton " Cranberry Powder Box - 2 Cologne Vanity Set "
b-P7061544.jpg

はじめ、大型モールでパウダーボックスだけ見つけたのですが
クランベリーとミルクのピンクだったんですが、どうも違和感があり
パスしていました。

帰り道でどうしても~とTomoにお願いして立ち寄ってもらったモールは
閉店30分前。もう広い広い店内を目と脳をフル回転させながら早足で
歩いていた時、ふと目に留まるものが。

それがこのセットのコロンボトルだけのものでした。
64ドル・・・ん~

 M:「あのぅ、これ他に見たことないですか?」

 店:「あぁ、あっちの香水ボトルのコーナーにあったんじゃないかな?」

ナイス!おばぁちゃん。
店員さんもアンティーク。80歳は超えてるきれいなおばぁさま。


 店:「これじゃない?」

↓ おぉ~これこれ。見せてもらえますか?
b-P7055851.jpg

 M:「うわっ安っ」

 店:「あら、これ3点セットの値段だわ。」 

 M:「へ?そうなの?」


なにせ一目惚れの1点。

なにも勉強していないので、この時点では Fenton のものかどうかも
知りませんでした。

3点の価格。
ちょうどコロンボトルが2つ欲しいと思っていたので即決。

で、レジへ行くと、さっきのおばぁさん店員に聞いた値段と1桁違ってた。

オゥーーーーーノォーーーーーー!!!!!

迷ったけれど、一目惚れだったので連れて帰ったのでした。

↓ 色といい、形といい、パルフェット!!
b-P7061553.jpg

帰宅後ネットで調べたら、変色もない美品としてはかなりお得だった。
1940年代に作られたものなので、
中に結晶化して残っていた香水も70年もの?
 
******
 
どちらも100年たっていないので、アンティークではなく
コレクティブルの部類になりますが、こういう古い良きものを手にし
当時の生活に思いを馳せるのも楽しいものです。

関連記事