Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

キノアのパンケーキ

メキシコは朝食も外で食べる習慣があります。デサジュノといって軽いものからガッツリお肉までお好み次第。

20190905233328d0c.jpeg

と、いうことでGIULIAのお友達と朝ごはんへ。私が大好きなQuinoa(キノア、ペルー原産の穀物)のパンケーキ。モッチモチしていておいしかった。かけるソースもイチゴを煮込んだ感じの甘さ控えめな酸味がまたさっぱりして好みな感じだった。

GIULIAは7歳なのにピムリコさんのISサイズがブカブカで気がつくと左手が右手の袖から出てるというイリュージョンを披露。

ブカブカだからか内腿が擦れるようでこの服を着ると歩きません。今日も6kmの道のり98%抱っこでした。


カルメン・コヨアカン市場
Malintzin 199, Del Carmen, 04010 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
+52 55 5256 4005
https://goo.gl/maps/FTyRB3BrgDifg5kZ9

関連記事

コヨアカン町歩き

きれいな街なんだけれど、景色にばかり見とれていると落とし穴があります。

20180828000008307.jpeg 

その昔、ここはテスココ湖という南北65kmある大きな湖で、メキシコシティはその真ん中に作られた都市。
雨季に降る夕立のため道は川になったり、土地が削れ穴が開いたり激しく荒れるため、歩道にも空洞があるのです。
ここも、四方9枚分の石畳の下は空洞で、上に乗るとカタカタします。穴の深さは1m近くあり落ちたら怪我しそうだけど、もう数ヶ月このままです。
GIULIAは野生の勘なのか?カタカタしそうなところを上手に避けて歩くので、私も真似して後を追いますが、体重が違いますからね、いつか落とし穴にハマらないかとドキドキしながらのお散歩です。



20180828000006970.jpeg 

たぶん7〜80歳代のセニョーラ。刺繍が美しい真っ赤なロングスカートを風になびかせ颯爽と歩く姿が目をひいた。

苔むした木のドアも今だから見られる風景。実った赤く小さな実も鳥やリスがこぞって食べていました。

フルーツは年中豊富だけれど、旬があります。街中にはフルーツをその場でカットして売る屋台?台だけだけど、きれいに並べられています。今はマンゴーとスイカ。

関連記事

メキシコのお家ギャラリー

イベント後、放置していた自宅ギャラリーをまた整えつつ、GIULIAの散歩にも行って来ました。今日も10km歩いて飼い主は足がパンパンなのに全然余裕そうなチビグレ。

ここは気圧も低いから、散歩の時に手を下げて歩いていると帰宅後指が曲がらないほどむくみます。

201907132324529e5.jpeg

GIULIAのパウも洗えないし、仕事もできない。だから家が近くなってからバンザイして歩いていた不審者は私です。

関連記事

トランクショー前日

いよいよ明日はトランクショー!

まだしたいことたくさんあるけど、朝から北へ南へ走り回った。その一つはGIULIAの散歩。

2019070722563176c.jpeg

時間が惜しくてご飯を抜いてでもGIULIAとの時間は守る。我が家に来た以上、幸せでいてくれな嫌なんと、GIULIAが元気やから私も好きなことができんねん。

作品のイメージの元だって、GIULIAとの散歩で見つけた風景も多い。

私はONとOFF?というか気持ちの切り替えが割とうまい。だからエネルギーを失うことなく新しいものを生み続けられるのだと感じている。

そのOFFの部分を手伝ってくれているGIULIAには感謝しかない。

関連記事

10秒先の都市計画

10秒先のことしか考えないというこの国の人達。あんな精巧なピラミッドを造ったとは信じがたい都市計画をしてます。

だから木が成長して、電線に当たることなんて思いもしなかったのでしょう。そして、その当たる部分だけ枝を刈り取るというなんともその場限りな対処法の結果、木はV字成長しております。

20190415232937109.jpeg 

え?ハカランダ?まだ咲いてますよ。

関連記事