Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

タラベラ焼きを求めてプエブラへ(4)

さて、前ページでちょっと微妙な雰囲気と書きましたが、周りにはカラフルな建物も多いのでもしかしたら何年かして訪れたら街の雰囲気が一変しているかもしれませんね。

800-P8141970.jpg
↑ 赤い壁に青い窓枠。人の高さにはタイルが貼られプエブラらしさがあります。

800-P8141972.jpg
↑ マスタードイエローに白い枠、アイアンの装飾がされた木のドア。

800-P8141976.jpg
↑ この絵どこかで見たような・・・

800-P8141974.jpg
↑ この落書きは失礼なんじゃ?

アメリカもそうですけど、メキシコも落書きが多い通りやゴミが多い道は住んでいる人が減っている可能性もあり、人の目があまりないから治安が良くないことが多いです。

800-P8141977.jpg
↑ レンガとタイルに白い窓枠、アイアンの装飾。これが一番お気に入りの組み合わせ。

800-P8141984.jpg
↑ これ、ホテルだと思うんですけど、中がまた素敵なんです。いつか泊まりたいと前に来た時も思った記憶があります。

800-P8141985.jpg
↑ この通りは比較的シックでモダンな建物があります。

そう、同じ街でも通りによって役割が異なるため建物の雰囲気に変化があります。あまり裏通りを通るのは良くないですが、プエブラは治安が良い街なので気を付けつついろんな風景を見てみたいな。と毎回思わせられます。

800-P8141990.jpg
↑ タイルも伝統的なものがほとんどですが、時折個性的なものがあったりして。タイルも欲しいなと思ったけどTomoに「いらん、いらん、また良からぬこと企んどるやろ?いらんで。」と言われるに決まっている。タイルを手に取るたびサッと忍者のように姿を消したのはそういうことだな、きっと。

800-P8141987.jpg
↑ そんな風景の中???
ヘルメットの上にかぶっているとしても視界が狭すぎるし暑くないのかな?

メルカドの辺りのお店にも立ち寄って買い物にも満足してあとはランチです。
今回メキシコ料理の研究をされている方がご一緒でしたので、各レストランで「チレエンノガーダ」を食べました。初日のランチでご紹介していますが、私は好きなメキシコ料理の一つですが、まさか2日のうちに3ヶ所で味を比較できるとは思っていませんでした。これもお友達のお陰で楽しめたことの一つです。

800-P8141991.jpg
↑ お店は "El Mural de los Poblanos" です。

Calle 16 de Septiembre 506, Centro
Av 7 Oriente と Calle 16 de Septiembre の北東角にあります。

800-P8141992.jpg
↑ 私たちが好きな中庭のある造り。

800-P8141995.jpg
↑ マルガリータのタマリンド味。これがおいしかった。タマリンドは茶色く乾燥した大きな豆で、お湯で戻して使うのですがとても面倒なんです。少し干し梅に似た酸味がありいろんなものに使われています。これはマルガリータということで梅酒のような感じでした。

800-P8142000.jpg
↑ Tomoが頼んだモレのサンプラー。中のお肉は鶏肉を選びました。色々試せるし見た目が女子好みですよね。

800-P8142004.jpg
↑ え?Tomoが女子好みなので私は?

肉ですよ。フィレデコラソン?だったかな?。え?コラソン?心臓?って思ったけど、ハツじゃなくてフィレ肉の真ん中の柔らかい所のようでした。チーズのソースをかけて食べますが、これもなかなかおいしかったです。

800-P8142008.jpg
↑ ロンポペのデザート。カスタードクリームに少しお酒が入った感じです。ロンポペはアメリカのエッグノックです。

800-P8142007.jpg
↑ お店の壁の中の人達も「チレエンノガーダ」を食べています。

約7km歩いたこの日も、ようやくホテルに戻って、車と荷物をピックアップ。
800-P8142015.jpg
↑ 高速道路でも物売りの姿が。縦横無尽に走る車の隙間を縫って売り子さん達も走ります。

帰り道も途中混雑はあったものの2時間半で帰宅。
800-P8142021.jpg
↑ ものすごく厳重に包まれていてなかなか中身を見せてくれないさなぎ達との格闘に破れ帰宅した日は就寝。翌日、配管の水漏れを直しに来た(結局直せなかったし途中で逃亡して戻って来なかった)メンテナンスの人を見張りつつカッターで黙々と作業すること数時間。 

800-P8152025.jpg
↑ ペアでティーカップ。なんだか小さめのお皿に心惹かれて二人で決めたのですが、帰宅して見てみてなっとく。湯のみと茶托のバランスですよね。やっぱり何年日本を離れても心は日本人なのね、私達。

800-P8152030.jpg
↑ 手のひらサイズのオイルウォーマー。とてもかわいらしいので使いやすいかな?

800-P8152031.jpg
↑ 更にでデザイン違いも。

800-P8152056.jpg
↑ そしてブレスレットとペンダントヘッド(本当はクリスマスオーナメント)も。

今回、メキシコシティで手に入れたタラベラ焼きの材料を使ったネックレスとピアスをして行ったんだけれど、レストランでも「それ、どこで買ったの?」と聞かれ、別の工房直営店では店のオーナーが若いスタッフを呼んで「ちょっと彼に見せてもらってもいい?こういうのを作らなくちゃダメだゴールドとの組み合わせもいいじゃないか」と。そのうちアクセサリーも増えるかもしれませんね。いや、プロデュースさせて欲しい。

そんな、収穫の多い一泊二日のプエブラ旅行でした。
日帰りで行ける距離だけれど、泊まりだからこその時間の余裕と、夫婦二人だけで行くのとはまた違う視点や発見もあったりして、いつもとは違う旅の楽しみを味わえました。

おわり。
 

関連記事

タラベラ焼きを求めてプエブラへ(3)

2日目はホテルから東の方面へ。


と、その前に朝食は付いていませんが、ホテルの中庭で食べられるバフェが評判よいとのことで8時集合で会場へ。
800-P8141921.jpg 
↑ 一部シリアルなどもありますが、基本はメキシコ料理でした。珍しいものもあり一通り食べてみたかった。

800-P8141923.jpg
↑ ホテルのバフェでも路上の屋台で使われているのと同じ調理器具が!伝統的なメキシコ料理にはこれが一番おいしくできるんでしょうね。

800-P8141922.jpg
↑ 朝食時間は7時からで私達は8時に行きましたが、10時からは生演奏がはじまるようです。

800-P8141916.jpg
↑ 1日目の記事にも書きましたが、右手前の緑色に黒い種が入っているのがサボテンの実トゥナを輪切りにした所です。他にパイナップル、メロン、スイカ、パパイヤとカッテージチーズ。え?これだけって?ちゃんとこの後スープもバルバコアもデザートのケーキも行きましたよ。

800-P8141917.jpg
↑ 部屋に戻る途中、テラサを発見。

800-P8141919.jpg
↑ いろんな所が表情があってもっとゆっくりカメラを持って散策しても飽きないな。

800-P8141918.jpg
↑ そして至る所に飾られたウリアルテの作品は、購入することができるようです。確認はしていませんが、値札が付いていました。この色の、私が持ってるカプチーノマグと同じシリーズだわ。

800-P8141926.jpg 
↑ 建物が本当に美しい。つい下を向いて歩きがちだけれど、見上げれば至る所に芸術品が立ち並んでいて好きなだけ眺めることができます。

だから、私は旅をする時、地図をなるべく頭に入れて見ながら歩かなくていいようにします。そうすると周りから見て旅人っぽさがないから狙われる確率も低くなりますし、その街の空気だとか生活だとかをしっかり目で見られるからという理由もあります。

今回は限られた時間で、各自の見たいお店などを巡るという課題もありましたので、その点と点を結ぶ役割はとても楽しいものとなりました。
800-P8141934.jpg
↑ 今現在の風景と思えないけど、今もある風景。

↓ おっ!!チュレリア発見。しかもまさに今揚げてる。
800-P8141937.jpg
誰かが言ったここのはおいしそうという言葉にさっき朝ご飯を食べたばかりなのにかじりつく一行。おじさんも観光客慣れしているのか、しっかり動きを止めてシャッターチャンスをいただきました。

スペイン語は最後に「リア」が付くとお店の名前になる。
チュロのお店だからチュレリア。
だからといって適当なものにリアを付けて言ってみたら、スペイン語の先生に「それはない」と切り捨てられたので、すべてではないことを念のため(笑)

あ、で、このグルグル系のチュロス屋さんはたいてい同じシステムなんです。右の機械に上から生地を入れると下から油の鍋に生地が出てくるわけです。それを金属の棒でグルグル巻き取るようにするとこの形に揚がります。

800-P8141941.jpg
↑ このグルグルチュロスはおじさんが適当に、、、あ、食べやすい長さにハサミでカットして砂糖かシナモン入りの砂糖をまぶして袋に入れてくれます。揚げたてはサクサクモッチリで間違いなくおいしい。お店によって生地が油が異なるのでそれぞれ個性があるのも楽しいですよ。

800-P8141939.jpg
↑ 並んでいる間に気になったお菓子。クリスマスのシーズンによく作られるそうです。

チュロス屋さん
"Antigua Churrería de Catedral"
Av.2 Sur 304A, Centro, Puebla
Av 5 Oriente と Av 2 Sur の東北角です。

800-P8141944.jpg
↑ ホテルから徒歩15分で "Talabera Celia" へ。ここも認定工場DC4の一つです。店は入り口がカフェになっていてその奥に小さめのお店があります。お店の方はとてもフレンドリーで奥の展示スペースのような所も案内して下さいました。

800-P8141948.jpg
↑ 店中央部にあるカフェ。品の良い地元のおじいさまが朝食を楽しまれていました。

"Talabera Celia"
Av 5 Oriente 608, Centro
Av 5 Oriente と Calle 6 Sur の東ブロック道路北側にあります。

ここは期待していたより品数はなかったけれど、ホテルから今日の第一目的のお店まで直接行くと30分はかかるので、途中で立ち寄るプランにしました。このお店の手前の道では日曜日に蚤の市が行われています。アンティークのお店も集まる地域ですので、時間があればゆっくり覗いてみても楽しいかもしれません。

さて、また東へ 5 de Mayo も渡りまだ東へ。
私とお友達が来たかったお店 "Talavera de la Luz" に到着。
800-P8141949.jpg
↑ 品数も多く柄の細かさや造りもここの好きだな〜

800-P8141950.jpg
↑ 今見ても欲しいのがあります。

800-P8141953.jpg
↑ お店の裏の工房。

"Talavera de la Luz"
Av. Don Juan de Palafox y Mendoza 1413, De Analco
Av. Don Juan de Palafox y Mendoza と Calle 14 Sur の東側です。
このお店の通りは素焼きの鍋とかマグのお店が並んでいますが、ちょっと微妙な雰囲気の通りもあるので女性だけとか少人数で行かない方がいいような気もします。

さて、まだつづく。
 

関連記事

タラベラ焼きを求めてプエブラへ(2)

表題は(2)となっていますがもちろんまだ一日目の午後のお話です。
ここからも写真多めですが、最後までおつき合いくださいね。

男女7人タラベラ焼き行脚の一行は地元フードでお腹を満たし満足そうではありますが、違いますよ、この旅の目的はここからです。ランチをしたレストランから北へ2ブロック上がり右へ曲がったブロックに「URIARTE」があります。入り口を入ると空の青に映えるタラベラ焼きの壁が美しい中庭が広がりその右手にお店があります。

800-P8131805.jpg
↑ 視界いっぱいのタラベラ焼き。にんまりしない人はいないでしょう。

800-P8131806.jpg
↑ 入り口に置かれた壷もツボだわ。って言ったとか言わないとか。

私はティーカップが欲しかったんだけれど、迷っていたらTomoと意見が一致。とってもタラベラらしい、でも日本のインテリアにも合いそうなかわいいセットに出会えました。

中庭でグッタリしている男性陣をよそにウインクをしてくる食器達の誘惑と激戦を繰り広げた女性陣。本来の役割、いえ、多少の疲れが癒えた夫達に思いの詰まった(重たい?)食器の袋を委ね、一度ホテルへ帰ります。一日目はプエブラの街の北西部を攻め、残り東部は二日目の楽しみに。

"URIARTE"
Av.4  Poniente No.911, Centro
Av.4 Poniente と Calle 11 Norte を東へ道の南側にあります。

800-P8131829.jpg 
↑ 今回4部屋取りましたが、2組以外は見事にバラバラ。我が家は中庭の真上、玄関よりの233号室でした。ルームナンバーもウリアルテ〜と興奮する声も中庭で行われているパーティの声にかき消される程賑やかでした。家でも騒がしいご近所に悩まされ旅先でもか〜とちょっと残念な気持ちに。

800-P8131818.jpg 
↑ お部屋はこじんまりしてますが、メキシコらしい雰囲気とアルテサニア(手工芸)の装飾品、ウリアルテの壷などで飾られています。しかし、部屋の中での会話も耳元で叫ばないと何も聞こえないくらいの音量で音楽がかかっていてとても寛げる感じではなかったです。

荷物を運んで来て下さったポーターの方に何時にパーティが終わるのか聞いてみたら10時と。
う〜む。部屋を変えるか?なんて話しにもなったけどその会話すらまともに聞き取れなかったので断念。ま、これもメキシコですから。

800-P8131828.jpg 
↑ それに、Tomoはシャワーを浴びたら即落ちてましたし。騒音が気にならずに眠れるってうらやましいわ。

800-P8131819.jpg
↑ バスルームもモダンなメキシカン。ただ、アメニティがフェラガモだったはずがよく知らないブランドに。なぜだ?

800-P8131835.jpg
↑ シャワールームに置かれていた貝の形の石けんとヘチマ。メキシコの町中でよくヘチマ製品は売られています。ヘチマが取れるんでしょうけど、割と昔ながらのものが今も普通に使われているというのもメキシコの好きな所です。

800-P8131836.jpg
↑ 一日目の宝物。開けたい気持ちをグットこらえて。

2時間程、各自部屋で日中の汗を流したり、充電(体力の)&着替えをして、夜の部へ。
800-P8131850.jpg
↑ 夜の街はまた表情が違って見えます。レンガとタイルや装飾で覆われたコロニアルな街は散策しているだけでも楽し・・・く・・・んん???

↓ なんですか?この夢の国から出て来たようなバスは。
800-P8131843.jpg
観光地化しすぎるとこういうの出て来ちゃってそこがね。
特に電飾が好きじゃない私にとってはがっかりポイントだけど、これで活気づくんならそれもあり?

800-P8131889.jpg 
↑ お友達がホテルの方に聞いて下さったお店はなんとイベントで貸切。他のお店を探しここへ辿り着いた。しかしどこから入ったらいいの?というなぞの造りにしばしウロウロ。

↓ 螺旋階段を上がって行くと右にバーコーナーとキッチン、左に座席がありました。
800-P8131853.jpg

↓ 私はイスタチウアトルという、ベタベル(ビーツ)とハマイカ(ハイビスカス)の入ったカクテル。
800-P8131859.jpg 
右奥にちらりと見えるのはメロンソーダではありませんが、とっても甘かったそうです。

800-P8131865.jpg
↑ この得体の知れないものはワカモレ(アボカドのディップ)にチチャロン(豚の皮を干して揚げたもの)が刺さっています。チチャロン好きとしてはこの黒い堅い部分ではなく白くてサクサクした所がおいしいのです。しかもきれいな油で揚げたてのものがおすすめです。

800-P8131866.jpg
↑ これはLima(リーマといってベルガモットの香りがする柑橘類)なのですが、あまりに香りが良いからとみんなに絞られ散々私に匂いを吸い取られた姿です。

↓ リーマはあまりメキシコシティで出会えないものなのだからと追加で頼んで下さったので、
800-P8131876.jpg
しばらく待ちましょう、嫌な予感はしますが。


↓ 来た〜!!!
800-P8131877.jpg
普通のLimón(表皮は緑で中は白に近い黄色、酸味は少なく香りが良い)が来ました。
そんなことじゃないかとみんなで話していたので、ちょっと苦笑い。ま、そんなもんです、メキシコですから。ちなみにリモンはスダチくらいでリーマは2まわり程大きく、果肉はややオレンジです。
笑って食べてお腹もいっぱいになったのでお店の前の広場へ。

800-P8131884.jpg 
↑ 何やらうれしそうにTomoが向かったのは地元の子供が遊ぶおもちゃの屋台?ゴムを引っ掛けて空に飛ばす10ペソのおもちゃがどうしても欲しかったらしい。

子供に帰って遊ぶTomoの様子は控えたいと思いますので、しばし公園の風景をご覧下さい。
800-P8131880.jpg
↑ タイルのドーム屋根が美しいCapilla del Rosarioと噴水。

800-P8131883.jpg
↑ 噴水の勢いがすごすぎて、中の様子がよく見えないほど。

800-P8131890.jpg
↑ 月も出てましたが、星も出てるんですよ、圧縮してるからつぶれちゃってるかな?

さてと。
え?Tomoがどんな様子だったか見たい?

ん〜

↓ こんな感じでした。
800-P8131893.jpg
公園の天使を撮ったら、その時のTomoの姿みたいだったので、かわりにこれを載せておきましょう。

もう1軒行きたそうなTomoでしたが、皆さんお疲れかな?と思いホテルへ。
この日は約10km程歩きました。
800-P8131898.jpg
↑ 今回のホテル QUINTA REAL

800-P8131897.jpg
↑ 駐車場(Estacionamientoという)の看板もURIARTE。

800-P8131905.jpg
↑ 消化器の案内だって。

800-P8131909.jpg
↑ 避難口の案内だって。

もういい?(笑)
800-P8131899.jpg 
↑ 各自の部屋へ帰って行くご一行。

(注)緑の光はカメラのレンズのせいです。

800-P8131910.jpg
↑ お部屋の前。夜、ちょっとここでのんびり2日目のルートでも予習しようかと思い、ドアを開けたら年配の素敵なご夫婦がお話をされていらしたので、邪魔しないよう、私も眠りにつきました。

つづく。


関連記事

プエブラでの戦利品

とても手が届かないだろうと立ち寄ってもなかったタラベラ焼きの老舗Uriarte。

定番の白地にブルーはもちろんステキだけれど、Tomoと黄色かオレンジが入ったのも欲しいねと話すこともあり、それならやはりUriarteかな?と。

店内のどれも素晴らしかったけれど、なかでも柄といい形といい「あっ!」と思う物に巡り合ってしまった。色味といいまさに好みの感じだったのです。

他の工房よりやはり少し高めだけれど、作りも段違いに良かったので決めました。

タイルは以前にも買った別の工房で。

201904012315430d6.jpeg 

あ、あと念願のモレも。これはランチでおいしかったお店の味を出張中だったTomoにも再現してあげたくて。

関連記事

ネイル更新!タラベラネイル

昨日のぺディキュアに続き、ネイルも変えました。

201808080805313a9.jpeg 


やはりタラベラ焼きのイメージですが、ちょっとピンクを使いたくなったのでこんな感じに。

GIULIAはネイルをしている間、膝の上に居られるので道具を出してくると、膝乗り待ちしてます。

でも、撮影台に使われるのは好きじゃないみたい。

関連記事