Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

コスモスの生まれ故郷

(写真はクリックすると大きくなります。)
メキシコシティから北へ車で1〜2時間。
Arcos del Sitio (アルコス・デル・シティオ)
という水道橋で有名な町があります。

シティからだとケレタロへ行く高速道路(57)の
最初の料金所の手前でおりて西へ。

ここは水道橋が有名ですが特に9月末から10月
にかけてコスモスなどメキシコの秋の花が
見られることでも知られています。

コスモスの畑?
そんなの日本にもあるよと思われました?
ところが、コスモスがメキシコ原産だと
意外と知られていませんが、ここにはその
原種のコスモスが自生しているのです。

他にもヒマワリの原種、紫色の昼顔の原種
などなど人の手が入っていない自然な花の
美しさを見ることができるのです。

640-OMD47962.jpg 640-OMD47961.jpg
↑ 向かう道の途中には様々な露店が出ています。

640-OMD47964.jpg 640-OMD47971.jpg
↑ 結構な悪路なので車酔いしないGiuliaも辛そう。
 外を歩いているワンコに気付いてもいません。

640-OMD47981.jpg
↑ 見かけるのは犬だけじゃありません。
 牛にロバに馬に・・・たくさん

640-OMD47985.jpg 640-OMD47983.jpg
↑ 向かう道ですでに大興奮!のどかだ〜

そうこうしているうちに到着。
入り口でお金を払い、ちょっと無理がある感じの
傾斜がきつい駐車場に車を停め、さてどこから
あるけばよいのかな?とキョロキョロ。

この公園、2010年より前だと本当に水道橋と
ただの草原だったそうです。それこそ360°
コスモス畑だったのですが、駐車場とお手洗い
などを整備してより気軽に見に行けるようになりました。
その代償としてコスモスが激減。
守る物が違うような気がします。

ちょっと残念な気持ちも抱え、水道橋へ
640-OMD47989.jpg
↑ なんとこの水道橋、渡れます。

640-OMD47996.jpg
↑ ネットでどなたかのブログに「避暑地」なんて
 書かれていたけど、シティから来たからなのか?
 暑い!暑い!!だからGiuliaも陰を探して歩いてます。

640-OMD47997.jpg
↑ 橋の一番高い部分から下の川を見下ろす。

640-OMD48003.jpg
↑ 渡り切った所。

640-OMD48006.jpg
↑ 公園内はハイキングコースやBBQスペースなどが
 ありますが、このジップラインが何本かありました。
 MXN$100/1本でした。
 落ちたら下はサボテン↓ですが、チャレンジしてみます?

640-OMD48018.jpg
↑ Come on ! challenger!!!

640-OMD48029.jpg
↑ これが、原種のコスモスか〜
 コスモスはスペイン語で Mirasol(ミラソル)

640-OMD48069.jpg
↑ やはりコスモスと一緒に撮らないとね。

食事は駐車場下に食べる所がありました。
何もないと困ると思って簡単なサブを持参したので
暑い暑い炎天下でいただきました。

木陰ないんかい!

640-OMD48036.jpg
↑ ランチをした場所にいたチャップリン。
 Chapulin ←バッタ。
 ちなみにメキシコではバッタを食べます。

640-OMD48044.jpg 640-OMD48022.jpg
↑ 橋から下を覗くGiulia。

640-OMD48046.jpg
↑ 恐くはなさそうだったけど、隙間が均等
 じゃなくて時々壊れているので写真だけ。
 というのも、前足は気を付けてるけど、
 後ろ足が隙間から落ちて内股を少し
 こすってしまったのです。

640-OMD48023.jpg←壊れてる。

640-OMD48082.jpg
↑ 少し風があったこの日、ゆらゆら揺れる姿は
 とても可憐ですね。

640-OMD48071.jpg←しかしコスモスの中にサボテンが。

640-OMD48050.jpg
↑ こんな川も流れています。
 小さな子どもさん用の短いジップラインが
 人気のようでした。
 川の水は白濁していて入らない方がよいかも。

640-OMD48128.jpg←ツアーもあるのか?

640-OMD48048.jpg
↑ はじめに紹介したようにコスモス以外の花も
 たくさん咲いています。

640-OMD48099.jpg
↑ Giuliaも初めて見るお花に興味津々
 いい匂いしたかな?

640-OMD48053.jpg
↑ 暑いし足場は良くないから2度も転倒したけど
 コスモス見るとテンション回復。

640-OMD48097.jpg
↑ G:「私のことばかり心配してるけど
  自分の足元見て下さいよ、リードで繋がって
  いるんですから。」

640-OMD48112.jpg
↑ 下から見上げる水道橋。

640-OMD48114.jpg
↑ 公園の端っこがどこなのか分かりません。

640-OMD48122.jpg
↑ よく晴れたから服の跡がしっかり付きました。

640-OMD48132.jpg
↑ 知らない花がたくさんあった。

640-OMD48130.jpg
↑ ヒマワリの原種。
 スペイン語でヒマワリは Girasol(ヒラソル)

640-OMD48141.jpg
↑ 近くで見るとこんな感じ。
 直径12cmくらいかな?

さて、帰路へ

640-OMD48150.jpg
↑ 帰り道もコスモスのピンクとヒマワリの黄色が
 強い日差しに映えてまぶしかった。

640-OMD48170.jpg
↑ 暑い中たくさん悪路を歩いたからお疲れです。

640-OMD48179.jpg
↑ 帰り道もこんな穴ぼこだらけ。

640-OMD48195.jpg
↑生ジュースMXN$10約(72円)
 恐くて飲めないよ。

640-OMD48204.jpg 640-OMD48203.jpg
↑ 露店でも売り子さんもトゥナ(サボテンの実)
 を売っています。皮を剥いた物をビニール袋
 に詰めただけ。真っ赤なのはチレがかかっています。

640-OMD48198.jpg 640-OMD48200.jpg
↑ シティでも信号待ちや渋滞しているとこうして
 売り子さんがいろんな物を手に近づいてくる。
 危ないし排ガスすごいだろうに。
 でも結構買う人もいるんだよね、便利だけど。

640-OMD48207.jpg
↑ 他には素焼きの器も売ってました。
 メキシコ料理のレストランでは調理に今でも
 この素焼きの鍋やツボを使い、サーブする食器でも
 よく使われています。

私も調理に使おうかと思っていたら、鉛を含んでいる
という理由から日本に出荷できないと聞いて、
飾り程度にして楽しんでいます。


私が子どもの頃から好きだったコスモス。
あんなに繊細で可憐なのに、日本では道路の
中央分離帯などでよく見かけるでしょう?
実は根をしっかり張っていて頑丈なのに
見た目にその強さを感じさせないというところから
そんな女性になりたいなと理想像としていました。

だからまさかその原種が自生している場所へ
自分が暮らすことになるだなんて思ってもなかった。

いろんなことに戸惑いながらもアメリカもメキシコも
楽しんで生活できています。旅行では感じられない
様々なことを積極的に触れて良いことは身につけて
いつかコスモスのように生きて行けたらいいな。
 


関連記事