Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

40歳 オーバーザヒル

お祝いのメッセージを下さった皆様、ありがとうございます。

"Over the hill" 40歳の誕生日は節目の歳ということで盛大に祝う人も多いアメリカです。
部屋には黒い風船を飾り、バースデーケーキはお墓の形で名前の所に「Meg's youth(めぐの青春)」と書くそうです。
若かった自分に皆で別れを告げるそうですが、これって日本の還暦に近いですよね?

丘の頂上に辿り着いた今、この先にある道は下り坂と言うわけではなく、先を見通せる力を持った年齢になるという意味だと私は考えます。

これまで不思議と道が切り開かれて来た私ですが、360度見渡しこれからの自分の進むべき道を選ばなくてはならない時なのかもしれません。

"Thank you"の歳としてあらゆることに感謝をして過ごすようにしていた39歳。今年は始終(40)アンテナを立て感度よく様々なことをキャッチして行こうと思います。

Jan., 31 2014

2014 元旦

おはようございます。

2019010123455484e.jpeg 
ミシガンは2014年1月1日の朝です。
今年もこうしてTomoとGIULIAと共に迎えられたことに感謝します。
今年はこの先の未来のために何かを掴む年にしたいです。

The Woodward Dream Cruise 2013

8月17-18日に行われた "The Woodward Dream Cruise"
デトロイト郊外の Woodward という通りに面した道と
その沿道の地域を会場にして年に一度行われます。

ちょうど16日に日本へ帰国予定だった義父を連れて
前日に様子を見に行ってきました。

b560-OMD66389.jpg
↑ すでに来るまでの道でも見かけたけれど
 前日だというのに目を惹く車がちらほら。

b560-OMD66390.jpg
↑ ちょっと車を止めてと思ったら駐車場にも
 いろんな車が・・・

b560-OMD66392.jpg
↑ 到着したばかりの車も準備をはじめていました。


b560-OMD66397.jpg
↑ コブラも続々

b560-OMD66398.jpg
↑ 普段見かけない色の車も

b560-OMD66410.jpg
↑ 見事にアメ車ばかり走ってますが
 通行規制はないのでイベントに関係ない
 生活車も走っています。

b560-OMD66413.jpg
↑ 新旧入り乱れての走行。しかも普通に走っているので
 写真を撮るのは難しいです。


b560-OMD66448.jpg
↑ 宣伝を狙ったリモも走ってるし、

b560-OMD66698.jpg
↑ 屋根とボンネットからシュゴーって火を吹く
 トラックが走ってたり、

b560-OMD66605.jpg
↑ 青く光ってたり・・・様々

b560-OMD66502.jpg
↑ R8やフェラーリもいなくはないですが、稀少です。

b560-OMD66639.jpg
↑ マッスルレディが上腕二頭筋を見せながら
 走り去るバスがいたり(謎)

b560-OMD66737.jpg
↑ かと思えば、チャイルドシートにいる赤ちゃんを
 ガラガラであやしながら走る人も(笑)
 結構激しい加速してたけど、首大丈夫かね?

b560-OMD66453.jpg
↑ 2014年 Camaroも走ってた。

そう、カマロと言えばチャレンジャーに
マスタングも、ものすごい数走ってたよ。
さすがにデトロイト地区だよね、アメリカとはいえ
こんなに密集している場所はないんじゃないか?と

b560-OMD66682.jpg
↑ Synergy Green Metallic

b560-OMD66750.jpg
↑ Imperial Blue Metallic

b560-OMD66516.jpg
↑ Aqua Blue Metallic

b560-OMD66623.jpg
↑ Red Jewel は数台いたけど Crystal Red は
 すれ違った1台のみでした。

b560-OMD66525.jpg
↑ Indy 500 記念モデルがホワイトにレッドストライプ
 ですが、それ以外にもこの色の組み合わせは
↓ 何台か見かけました。
b560-OMD66700.jpg

b560-OMD66709.jpg
↑ カマロ多すぎ。そして個性的なお顔も

b560-OMD66706.jpg
↑ これ何顔っていうんだっけ?

b560-OMD66648.jpg
↑ かなりいじったのもありました。

b560-OMD66647.jpg
↑↓ ライトをブルーやオレンジにするのは定番?
b560-OMD66540.jpg

そしてコブラも色とりどりでした。
b560-OMD66665.jpg
↑ レッドにホワイトストライプ

b560-OMD66633.jpg
↑ ブラック

b560-OMD66610.jpg
↑ クロームテラテラ

他にも、オレンジ、パープル、などなどいましたが

b560-OMD66592.jpg
↑ コブラといえばこの組み合わせでしょうか?

この色は他の車種でも見かけましたがどれもいいかも。
b560-OMD66420.jpg

b560-OMD66417.jpg

b560-OMD66596.jpg
あなたはどれがお好み?


ほかにも写真を撮りましたが、普通に走っている車を
夕暮れ時に撮るのは大変でした。
逆光にはじまり、薄闇だったのに三脚も持って行かず。
ですのでぶれている写真も多数ありますが、
ここでご紹介した車も含め、元のサイズのまま
アップしておりますのでもしご興味のある方はご覧下さい。

そういえば初代はじめ各世代のカマロも
走っていましたが、いまいち把握しきれず(笑)

もしかしたらアップしたアルバムに入ってるかな?

なにせ5万台、すべてを撮りきれるわけもなく・・・
毎年のイベントですので、お好きな方は
来年こそデトロイトへ!

外部のアルバム Picasa web へ
↑ こちらのリンクからのみご覧になれます。
 

米流イベントの楽しみ方

これまで花火というと蒸し暑さの残る日暮れに汗をかきながら浴衣を着て
込み合った人の中、ひたすら待って・・・それも風物詩なのかもしれませんが。

なかでもドン引きだったのは、1発打ち上げるごとに
「○○会社様提供~」とスポンサーを読み上げていた花火、あれは(笑)
誰のための何のための花火か分かりませんよね。

結果、
人ごみと混雑が苦手な私たちは、ほのぼのした涼しい山の空気の中
のんびり流星群と両方楽しめる女神湖の花火にはまっていたわけです。

******

今回は、毎週のように行っている ケンジントン メトロパーク での
" Kensington Metropark Fireworks 2012 " にお友達夫妻を誘って行ってきました。

ネットで探しても事前に打ち上げ場所やイベントの詳細が知らされておらず
決まっているのは公園内であることと10:10分スタートということだけ。
調べに調べ、ネットにアップされている昨年の写真は湖面に花火が
映り込んでいたため、どこから上がっても見えやすいように
湖に飛び出たビーチから見ることに決めました。

******

私は、パプリカソースのニョッキ、お馴染みアーティチョークを使ったサラダ
を用意しケンタッキーのチキンバーレル8pcを購入。

公園内は普段よりかなり多めの車がいたものの、私たちが選んだビーチには
話し声の聞こえる範囲に人はおらず、湖面をなでる心地よい風に吹かれながら
小高い丘で7時頃から食事を開始。

b50-P6163728.jpg
↑ 対岸はスライダーなどもあるため人が多め。
 写真では小さくて見えづらいですが、鴨の大家族が
 何組も打ち上げ会場へ移動してました。花火見るのかな?

このイベントをキッカケに、フォールディングチェアと小さく畳める
キルトシートに少し大きめのクーラーバッグも購入。

近くではBBQを楽しむ家族も見かけましたが本当にのんびりしていて
これから花火がはじまるとはとても思えません。

私たちもしっかりお腹が膨らみ、おしゃべりにも花が咲き、
予報の通りもしもサンダーストームになり花火が中止になっても
まぁいいかと思える程リラックスしていました(笑)

******

9時を過ぎ、夕景になり始めた頃、水際まで移動しおやつを食べながら
のんびりまたおしゃべり開始。
b50-P6163730.jpg
↑ きっと定刻にははじまらないだろうからと話しにふけっていたら、
 花火の為に集まったことが頭の角に押しやられキャンプファイヤーでも
 はじまりそうな空気になった頃



ヒューーーーー     ポン。

b50-P6163741.jpg←定刻通り!!!

やるな~なんて言っていたら、そのまま無音になること5分。
再度同じものが上がり、また無音。

もしかして、こんな感じのしょぼい花火大会なんじゃないの?
いや、ホンマは手持ちで上げとんちゃうか?
マッチョな人がワイルドにさ。ほんで1つ上げるごとに
「イェ~ィッ」て乾杯しとんねん。

などと勝手な推測も空しくまだ無音。

あれか?その手持ちの人の2人目が怖がってもぅて、
「オレには無理~」とか言うて時間かかっとんちゃう?

オトコになるんや!マイク!

と謎な声援を送っていると、どうやらそのマイクが気合いを入れすぎ


b50-P6163734.jpg
↑ まるで、現代アートの作品。

やっとはじまったようだ。

b50-P6163739.jpg b50-P6163740.jpg
↑ 最初カメラの設定を間違え、クラゲと稲光の写真が撮れた。

b50-P6163743.jpg

b50-P6163747.jpgb50-P6163753.jpgb50-P6163778.jpg
b50-P6163781.jpgb50-P6163784.jpgb50-P6163806.jpg


ヤケを起こしたかのように休みなく上がる花火

b50-P6163785.jpgb50-P6163798.jpgb50-P6163802.jpg
b50-P6163803.jpg
b50-P6163805.jpg


b50-P6163821.jpg
↑ この稲光みたいのきれいでした。
b50-P6163859.jpg
↑ もうだんだん何か分からなくなって来て
b50-P6163861.jpg
↑ クライマックス!!!!!

とりあえずあるの全部上げちゃった感じ。

20分間ずっと上げっ放しっていう豪快な花火は
想像していたよりずっと華やかで、夏の始りを彩るには
十二分に満足のいくイベントでした。

マイクお疲れさま。


私たちが余韻に浸っていると、もぅ周りには誰もいなくなってました。
アメリカ人はイベント前は楽しむのに、終わると撤収早っ

場所があるからできるんでしょうけど、こういうゆったりと
用意されたものではなく、自分たちの好みの楽しみ方で
イベントを盛り上げられるアメリカ流の楽しみ方は気に入りました。

******

ちなみに小さい写真はクリックで大きくなります。
風が強くてみんな流れちゃってますが、色合いなど
アメリカっぽいな?と思うものも多々ありました。

少しは雰囲気伝わったかな?


ところでマイクって誰?(笑)

ミシガンの冬らしく

サンクスギビングデーも終わると、そろそろクリスマスの話しを
はじめてもいいかな?

我が家はまだクリスマスホリデーの予定を決めていません。

12月24日は私たちの結婚記念日でもあるのですが
慣れない場所でGIULIAを預けて旅するのも私としては
あまり気が進まず、、、

先日、 Pet Bording (ペットホテルとは言わない)も見てきましたが
多分快適だけど、GIULIAにはすこし寒い気がするし、
もし夜中にずっと鳴いてる子がいて眠れなかったらとかいろいろ考えるとね。

GIULIA第一じゃいけないけど、辛い思いをさせるのは本意じゃないから。
難しい。

******

とりあえず、家の中にすこし飾るものを置きたいと思って
Frankenmuth という我が家から少し北へ行った街の
一年中クリスマスグッズを売っている専門店で仕入れてきました。

ツリーもそうですが、ガーランド一つとってもリアルなものとか
オーナメントも驚く程たくさん素敵なものがありました。

******

↓ 暖炉の上
b50-PB166587.jpg

数種類のグリーンとパインコーン、ポメグラネイト、クランベリーが
ついています。ポイントはミシガンの自然にあるもの。

↓ テレビの上の棚
b50-PB166589.jpg
こちらはミニチュアハウスのコーナーにしました。
ミシガンの湖畔にあるコテージがテーマです。

b50-PB166590.jpg
↑ 我が家にもやってくる動物達。

↓ 湖畔のコテージらしく、カヤックも置いてあります。
b50-PB166593.jpg

b50-PB166591.jpg
↑ たき火と薪を運ぶ少年と犬。
  このたき火はちゃんと火がつきます。

↓ そしてコテージにも灯がともります。
b50-PB166592.jpg
ですが、普通の電球の灯りではつまらないので、加工して
フレームレスキャンドルを仕込むことにしました。

これで、家の中でキャンドルを点しているような明かりになります。

******

このミニチュアのように、どこかコテージやレンタルホームで
ゆっくり過ごすか、
5468005977_8990ee5a90.jpg 5468006617_fb7007aeb0.jpg


大型リゾートに泊まってスノーシューやスキーを
楽しむか・・・
104828_1_lg.jpg 5468602340_5003ac4407.jpg



さて、みなさんのクリスマスホリデーのご予定は?