Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

アメリカといえばコーチ

お店に2日前に入荷したばかりの新作は私が好きなペプルドレザーで優しいミルクティー色、サラッとした生地のドレスに合わせたいな。

と、チラッと見るとTomoもいいんじゃない?と、グフっ
プレゼントしてもらっちゃいました。

20190105235012dce.jpeg 

で、ついでにクリーナーも手に入れマイ コレクション達を磨いたホリディ最終日。

お気に入りCOACH

小さくてでもそこそこ荷物が入って手持ちできてクロスボディの黒いバッグ。


2018082617062751c.jpeg 

ブルーでカジュアルに持てる革かビニールのトート。
欲しかったイメージのままのがどちらもCOACHで見つかって大満足。

Antique Mall in OH 3

Air Show の日記が途中ですが、イベントの前日に
アンティークモールへ立ち寄ったのでその時のお宝を公開(笑)

初めてオハイオのモールへ行った時に Cambridge Glass Company の
食器が気に入っていていつか欲しい(ちょっと高いので)と思っていました。

今回、最初に目に入ったのもこの Cambridge のカップ&ソーサー
でしたが、1脚60ドルオーバーでちょっと手が出せず・・・


と。

b50-P7175908.jpg
↑ 見つけました!しかも19ドル。
 Cambridge "Rose Point" Shape 3900 Cup & Saucer Set

この柄は1936-1953年の約20年間作られていました。
だから一番新しくても60年ものってこと。


b50-P7175913.jpg
↑ 柄の種類はたくさんあるんですが、この RosePoint も
 お気に入りの一つ。いろんな柄のセットが欲しいのです。


b50-P7175914.jpg
↑ たぶんお安い理由はこの底の歪みが大きいからではないかと。
 でも自分で使うから気にならないさってことで購入。

******

結婚する時に食器はすべて自分の好きなもので揃えようと
張り切って集めたんですが、すべて2つずつなんです。
そうしたら、もし複数のお客様がいらしてもみんなバラバラなら
気にならないでしょう?

だから2脚あればOK !

******

続いて・・・


b50-P7175917.jpg
↑ Fostoria Glass Company "Colony" Cup & Saucer set

1920-1980年代にかけて作られましたが、そのほとんどが
1950年代に作られています。

ということは、これも60年ものかも?


b50-P7175928.jpg
↑ これも破格でした。相場でも10ドルしないものが多いのですが
 これは3ドル以下(笑) 多分この気泡のせい?

美品はお金出せばあるんですが、こういう気泡が入ったことで
このカップは世界に一つのものになったんじゃないかと
そんな風に感じて手に取ってしまいました。


b50-P7175934.jpg
↑ シンプルに見えて実は計算され尽くしているのでは?という
 曲線の美しさ。


b50-P7175937.jpg
↑ このふっくらしたウェーブが重なるとまた新しい"美"を
 生み出します。

******

購入時は多少くすみがありましたが、
これもアメリカのディッシュウォッシャーにかかれば
お見事ツヤッツヤのピッカピカ。

一見繊細に見えるけれど、60年もこの世に存在し続けた食器達
どこかたくましく、そのギャップがまた魅力でもあります。


これでまたお友達を招くのが楽しくなりそう。
 

Pumpkin +・・・

Antiques & Collectives カテゴリーにしましたが、1つ目は新品です。
私のキッチンコレクションは古いか新しいか無関係なのでココにいれてみました。



私がお気に入りの 「Pottery Barn」 へ先日行った時に気になっていた
カボチャの器をアウトレットで見つけてしまった。9.99ドルという値段に即決。

第一希望のもう少し大きな白いカボチャはなかったんだけど、ナッツやドライフルーツの
オリジナルミックスを作って入れておくのにピッタリサイズだと思ったの。

9月に入ってからはどこに行ってもPumpkinだらけ。
このお店のサイトでも 「Pumpkin」 で検索するとこんなにいっぱい。

どれも作りが良くって雑貨っぽくないのがこのお店のいいところ。

で、連れて帰ってきたかぼちゃはこちら↓
b-P9184990.jpg

↓ 中もフィニッシュしてあるから、シチューとか入れてもいいんだって!
b-P9184993.jpg


*****


そして、コチラは、Oktoberfest の帰りに立ち寄ったアンティークモールで手に入れた
灰皿 ↓
b-P9184985.jpg


これまで白いのは見てたけど、いろんな色があるらしい。
他にもピンクがあった。

だけど・・・

何か1つ足りないの。

アンバーのダイヤを捜索中。

ティーバッグ置きにもいいし、スプーントレイやアクセサリーのディスプレイにも使えると思うの。
今度まとめて買ってこよう。

冬に向けて Jeep 購入

雪の季節、我が家のサブデビは高齢者が多いためか?
除雪車が来るのがとっても早いそうです。

でも、ガレージの前とか自分の敷地内の雪はブロアーなどで吹き飛ばすしかないらしい。

冬は冬で忙しくなりそうだ。



で、SUVを2台所有する我が家だが、最近 Jeep が欲しくなっている。

故障が多く 車両購入代金=修理代 と言われるJeepだが
それでもラフな道を走っている姿を見ると格好いいと思ってしまう。

日本より車の買い替えが簡単だというのも背中を押しているかもしれない。
何せ走っている車や家の前に置いてある車に「For Sale」と書くだけで
車が売れるのだから。

ナンバープレートもドライバー1本あれば誰にでも取り外しができるしね。





で、こんなの買ってみた。

↓ 除雪ショベル付きJeep
b-P9114672.jpg





いい感じで朽ちておる。




↓ 実に草地が似合う。
b-P9114684.jpg

 T:「草地って言うより、ブッシュやん!」

 M:「ん・・・ブゥーーーーーん。ガタゴトガタゴト。ザザザー。」

 T:「こら、それはアンティークなんやからそんなんして遊ぶんちゃうで?」

 M:「ちっ。」



↓ 白い朽ちたボディがまたいい味だ。
b-P9114681.jpg



↓ 巨大怪獣GIULIA登場。
b-P9114670.jpg
いきなりサスペンションの強度をチェックしていた。


ん~。楽しい。

ところで、このボンネットの穴には何がついていたか?ご存知?