Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

Brophy Bros. (シーフードのお店)

私のツーレポで定番だった「あ〜ん」ショット。ちゃんとお口開いて待っててくれましたか?

20181027174429ab9.jpeg 

ここはサンタバーバラのマリーナにあるレストラン。フィッシュアンドチップスは衣が薄くカリサクでお魚はぷりっぷり。

付け合せのコールスローもフライもおいしかった〜


Oyster, Steamed Clams, Seafood Pasta, Clam chowder.
西海岸の牡蠣は丸くて甘くてさっぱりしてるの。クラムは他の方のハマグリサイズのを見て注文したら、あれ?小さい!!(笑) それでも立派なクラムでした。シーフードパスタのホタテは半生でプリプリ、エビも大きくておいしかった〜

20181027173954389.jpeg 

クラムチャウダーも具だくさん!

お腹大満足なランチ。

Brophy Bros.
119 Harbor Way, Santa Barbara, CA 93109
(805) 966-4418
https://goo.gl/maps/SHUYn1sBjbm

モンタナ州の生キャラメル

まだアメリカを離れて8ヶ月しか経っていないのに、ずいぶん懐かしさは募るもので馴染みのお店を見かけるたびに立ち寄っていました。

しかし、ミシガンにはなかったお店もあって、その1つはここ。ロリポップだけではなく、いろんなお菓子を用意された缶やボトルに詰めて買うスタイル。その容器がかわいいんだけど、何よりモンタナ州へ旅した時に見つけた生キャラメル(右上)も全種類ではないけどあったことがうれしくて買ってきちゃった。

20190105235009369.jpeg 

見つけたら入ってみて!楽しいから。

ポーリッシュ

また大好きなポーリッシュの食器を買いにデトロイトのダウンタウンの
Polish Art Center へ行ってきました。
慣れていないせいもあるのかもしれませんが
やはり住んでいる辺りと比べるとちょっと怖い雰囲気があって
なるべくお店の近くに止めたいので路上Pを探すのですが
街が賑わっていない割にいつもいっぱいなのです。

今回は間違えて4ブロックほど歩くことになってしまい
ちょっとすれ違う人の様子を伺ったりしながらドキドキしてました。


今回はご飯茶碗に使えそうなサイズのものを探していましたが
好きな柄のものがなく、代わりに小鉢に使えそうなサイズの物、
ティースプーン、バブルマグカップなどに出会えました。

そう、出会いといえばいつも気になってはいたものの手は出さなかった
パイバード、今回はすごく好きな柄のものを見つけてしまい
握りしめていました。

こういうのって大抵違う角度から見ると顔がずれていたり変な縮尺
だったりしませんか?それなのにこの子はどこから見ても美しい。

本来はパイを焼く際に真ん中が盛り上がってしまわないよう置いて焼くもの
だと思いますが、この子をオーブンになんて入れられません(笑)




ランチは Polish Village Cafe で。

one piece of stuffed cabbage,
a pierogi,
a chunk of kielbasa,
kraut & mashed onside.

ビーツのスープがまたおいしかった。



ポーランド料理っておいしいんですね、こんなことならもっと早くから
来ればよかったねと話してました。

Tomo作 ブラウニー

私が作ろうと用意してあったブラウニーの材料だけど、術後、ハーフガロン以上の物を持たないよう言われていて、そのため意外と調理や家事ができない。

で、諦めていたらTomoが作ってくれた。Ghirardelli のダークチョコでも十分甘かったバレンタインです。ありがとね〜

20190215225154e9e.jpeg 

そう、今日はカード売り場で妻や彼女宛のカードを選ぶ男性の姿がたくさん見受けられました。

プライムリブ

誕生日2日目のランチ(笑)
プライム リブは分厚いローストビーフのような感じで私の好物。

20190202215148688.jpeg 

低温で調理するのでいいお肉じゃないとできないんだそうな。デザートはキャロットケーキ。