Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

導きの光

1月2日、女神湖からの帰り道、富士山があまりにきれいに見えるから車内から何枚か写真を撮ったのだけれど、どれにもこの光が入ってしまっていた。

20190104234515f7d.jpeg 

ちょうどその頃、祖母が旅立ったと連絡が来た。もしかしたらより良き場所へ導いてくれる光だったのではないかと私は思っている。

My grandma lived out her life span. I took this picture then. I’m feeling this light shows her into better place.

花咲き誇る春はくる

東日本大震災から1か月。
あの日は茅ケ崎もまだまだ寒い一日でした。

それでも、ちゃんと春は来るということ、植物たちの日々の成長から感じられます。
あきらめず、あきらめず。

一昨日よりも、昨日。昨日よりも今日、ぐんぐん芽が伸びている。
b-P4117096.jpg
グングン、グングン
b-P4117099.jpg
陽の光を浴びて。

↓ 木瓜
b-P4117101.jpg b-P4117104.jpg

↓ 石楠花
b-P4117108.jpg

↓ 椿
b-P4117119.jpg
ほほえみあっているね。
b-P4117125.jpg

↓ 梅の実が膨らみはじめた。
b-P4117127.jpg

↓ 何の花でしょう?
b-P4117140.jpg


バラでしょ?


いいえ。

正体は、私。

b-P4117143.jpg

石畳の割れ目からすみれが出てきた。
b-P4117144.jpg

↓ 桜も
b-P4117133.jpg


G:「クンクン、クンクン。いい匂いがするよ」
b-P4117151.jpg

何があるの?

わぁ~小さなスミレ。
b-P4117152.jpg

小さいねぇ。
b-P4117148.jpg

どうやら鳥が種を運んできたらしい。

そうね、鳥はどんぐりを食べに来て、代わりに種を落としていくの。


ほら、小さな小さな小人のどんぐりがいっぱい。
b-P4117154.jpg
G:「肉球の間に挟まって痛いワン」

何もなくなっても、春は必ずやってくる。
種も飛んでくるし、鳥が運んでくる、風も運んでくる。

だからいつしか 花で、春で いっぱいになる。
b-P4117158.jpg

海のシュワシュワ

このあたりでよく見かけるサーファー仕様の自転車があるといっても信じてくれなかったあなたのために写真を撮ってきたよ。

b-P4107020.jpg
自転車のフレームに固定するようになってるホルダーがあって、そこにボードを載せて走ってるよ。

b-P4107021.jpg
ついでにウェットスーツも着たまま走ってる。

もっと暑くなると上半身裸のサーファーがいたり・・・


今日は波が良かったのかサーファーたくさんいました。
b-P4107060.jpg

b-P4107033.jpg



でも、こんなアメンボ隊も。
b-P4107039.jpg
サーフボードに立って乗り、ボート漕ぐオールをストックのように使ってるよ。


b-P4107046.jpg
で、こんなちびっ子を載せた手漕ぎの船とかもいた。




そうそう、今回はシュワシュワを撮りたかったの。
b-P4107072.jpg

シュワシュワー
b-P4107087.jpg

海に残されたもの

砂浜にいくつも残された足跡で描かれたライン。
それは交差したり、共に伸びていたり様々で、ほんの少し前に
ここに温かな時間があったことを教えてくれる。
re4-b-P4076955.jpg

GIULIAのよりずっと大きな足跡。
re4-b-P4076927.jpg


私が人魚だったら、これをネックレスにしてたかな?とか.....
re4-b-P4076919.jpg

いろいろ妄想するのに、くういう薄曇りの日はおもしろい。

ひっそりと春が咲いていた

池の畔。
ひっそりと春が咲いていました。
b-P3296584.jpg

桜、サクラ、さくら.....
b-P3296588.jpg

あじさいの新芽
P3296606.jpg

誰かのお家?
P3296609.jpg