Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

アメリカで手術 4日前

手術を4日前に控えた2月の5日、病院から保険や、既往歴などに関する
確認の電話がかかってきた。

しかも5回も(笑)
来客中だったし。

・手術を受け付けた人
・手術室の予約をした人
・採血を担当する人
・保険を確認する人
あとは覚えていない。

聞かれる内容は毎回ほぼ同じで、保険会社、保険の番号、本人の名前、
緊急連絡先、既往症(これがすごく多い(笑) 糖尿病か?心臓に問題はないか?
血が止まりにくいと言われたことは?に始まり家族にそういう人はいないか?)
と、まぁ普段は使わないメディカル英語がふんだんに盛り込まれていて
これはちょっとした英会話のテストではないかと私を疑ったくらいだ。

さらには、これと同じことを別々にかかってきた5回の電話に毎回答えたのだ。
同じ大きな総合病院内でのことなのだから横のつながりはないのか?
データの共有はしないのか?とも思ったのだが、おそらく個人情報保護の
関係なのだろう担当があまりにも細かく分かれていて驚かされた。


↑ そんなこんなでバタバタしていたら、夜になってGIULIAのお腹や首に
赤いブツブツが出ていました。保湿ローションを塗って様子見です。
きっと繊細なGIULIAのことだから私の不安を感じていたのでしょう。

そして、次々にかかってくる電話の合間に「明日、採血に来て!」と。

エェっ ^_^;

痛くて歩くのもやっとなのにそんな突然にこいと言われてもねぇ。
しかも、何時でもいいと言いつつ、何時に来るのか尋ねられ、
ちょうどアレルギーショットの日だからその後に行くとだけ伝えた。


↑ ラッキーなことにカマロのシートは痛くないので、術前最後のドライブ!

採血。
これはいつもパーフェクトにうまい!!

仕事が細分化されているアメリカだけに採血は採血専門のスタッフなのだ。
日本のように「スーッとしますよ。」「ちょっとチクっとしますよ。」
なんてさらに緊張させられることもなく、
「今日も寒いわねー、あ、横の彼女は研修中なのよ、よろしくね。」
などとおしゃべりしているのでいつになったら始めるの?と腕を見たら
そこには赤黒い血が満たされた4本の試験管が!

いつ抜いたの?!


本当に採血はアメリカが120点。
日本では、血管が細い、血管が逃げる、血圧が低すぎると何度も針を刺され
挙げ句の果てに「血が出ない」とか言われるのよね〜

ちゃんと、赤い血流れてますけど!って文句言う前に気分が悪くなるのです。


さ、そんな術前の抜打ち英会話テストやら採血の試練を乗り越え
直前の週末には無事手術が終わった後のための洋服や宝くじを買いました。


↑ 大好きなBCBGでまとめ買い。春物だけど。

ほら、宝くじはよく言うでしょう、当たると良くないことがあるって、
だからハズれたら上手くいくんじゃないか?っていう願掛けです。

さ、いよいよです。

関連記事