FC2ブログ

Studio Tommeg

Designer Meg Sasaki

チレス・エン・ノガーダ

チレス・エン・ノガーダ はこの時期の食べ物。レシピは様々だけれど緑(チレ ポブラノ)白(クルミ)赤(ザクロ)のメキシコの国旗の色は必ず使われている。 多いものだと食材は約40種。とても手間もかかるメニューなのです。・今日食べたのはメキシコシティ スタイルだから具を詰めた大きなポブラノ唐辛子に衣をつけて揚げていないからペロッと食べられてしまいました。・年中気温の変わらないメキシコシティだけど、これを食べる...
0

いくつになっても

ミルクとかヨーグルトとか基本的な食材がなくなり数日、いたしかたなく散歩の後に歩いて買い物へ。少な目にすればいいのにたくさん買ってしまい6kgはある袋を提げてスーパーから出たら目の前に車が止まった。同じマンションでよく会うおじさんで荷物を見て乗せてあげようかと声をかけてくれたのだけれど、さすがに顔見知りとはいえ車に乗るのは遠慮した。・しかし、重くて手に食い込む袋8kgはあるかも?家まで10分かからないとはい...
0

コヨアカン町歩き

きれいな街なんだけれど、景色にばかり見とれていると落とし穴があります。 その昔、ここはテスココ湖という南北65kmある大きな湖で、メキシコシティはその真ん中に作られた都市。・雨季に降る夕立のため道は川になったり、土地が削れ穴が開いたり激しく荒れるため、歩道にも空洞があるのです。・ここも、四方9枚分の石畳の下は空洞で、上に乗るとカタカタします。穴の深さは1m近くあり落ちたら怪我しそうだけど、もう数ヶ月...
0

おいしいランチ

すっきりとした白ワインからスタートのランチ。 (左上)レチョンのコンフィ(子豚を柔らかく煮込んだものを低温の油でゆっくり揚げたもの) 身はとろけるようにやわらかく皮はパリッパリ。・(右上)ウアチナンゴ(鯛を焼いたものに緑色のモレが添えられた前菜。・(下) 魚介のセビーチェ(リモンとオリーブオイルでマリネしたもの・一番最初に出てきたナスのペーストからおいしくて、おそらく炭焼きしたナスをスパイスとともにペース...
0

San Miguel de Allende へ2017(7)

町中のホテルに泊まると朝特別な光景に出会えます。↑ホテルを取り囲む教会から鐘の音が一斉に鳴り響きます。 360度から異なる音色が辺りの空気を震わせ人々に新しい 朝が来たことを知らせているようです。 私は毎朝この時間が心地よく、なり始める少し前に目覚ましを セットして楽しみにしていました。 ↑朝食はホテルのパティオで。 ワンコ一緒じゃなかったら、この奥の店内で食べられます。 でも、この半屋外な感じが...
0

San Miguel de Allende へ2017(5)

水が嫌いなGIULIAですが、あったかいお風呂はそんなに嫌いじゃないみたい。 ↑おとなしく浸かっていました。クローズドのプライベート空間ですが、リゾートにありがちないつの間にかスタッフが来て片付けてくれる至れり尽くせりだけど気配ないからちょっとビックリするメキシコあるある。 ↑このお部屋もどうやらここからスタッフがやってくるようだ。 なんとなく人の気配がこの向こうからするので、隣の部屋の お客さん...
0

San Miguel de Allende へ2017(6)

この町の何が好きって、買い物も好きな物が見つかるんだけどただ建物を見て歩くだけでも楽しいこと。↑カラフルだけどトーンが統一されてるからかな?好きなのは。↑石畳は熱いから日陰を探して歩きます。↑マスタードイエロー窓の装飾とかちょっとした所が素敵。 ↑石壁の家は暑い日でも涼しい。溶岩だからかな?↑崩したピラミッドで作った教会と同じ作り。大きな石の 目地部分を埋めるのは小さな石。↑シンプルにレンガ積みで白...
0

San Miguel de Allende へ2017(4)

お部屋の中です。 ↑入ると天窓からの光が眩しい程の廊下があって、 右側がリビング、正面が寝室、その奥がバスルーム。↑シックでモダンなリビング ↑Nespressoとかワインクーラーも備えてあります。 ↑大きな丸いクッションは見た目よりガッシリ。 ↑GIULIAがチャレンジしましたが上れなかったようです。↑デスクエリア。 ん? 何か置いてある。 ↑おぉ、テキーラ。飲んでいいのかな? ↑寝室。 ↑...
0

San Miguel de Allende へ2017(3)

Dos Casas Boutique Hotel ドス・カーサス・ブティック・ホテルこちら元々2軒のお家だったのをリノベしたホテルです。 ↑メキシコにありがちな外観からはどんなホテルなの全く 分からないパターン。 ↑入り口。「ココだよね?」「ココだね?」と確認しながら中へ。他にもこの Dos Casas はあるのですがどこも素敵で、まさかワンコOKだなんて思わなかったので見つけたときは絶対ココに泊まる!とすぐに決めた程。しかも、...
0

San Miguel de Allende へ2017(2)

こんな赤とオレンジ、赤と黄色の壁の家が見えてくるとそこはもうサン・ミゲル・デ・アジェンデの町です。↑町の入り口は少し混んでいました。理由は・・・↓↑途中の展望台から町が見渡せるのです。さぁホテルへ急ぎましょう。え?!もちろんホテルの予約はしています。ワンコOKであることも電話で確認しましたし、スペイン語の先生にも確認してもらいました。でも、そこは海外あるある「いえ、ご予約はございません」とかダブルブッ...
0

San Miguel de Allende へ2017(1)

日本のお盆休みに合わせて、我が家も休暇を取りました。 ↑メキシコシティの有料道路。緑の矢印が入口。↑少し走るとのどかな風景へ ↑ワイナリーでも有名なケレタロのシンボル、水道橋。 ↑街が見渡せる修道院のある丘の上へ↑自転車屋さんの目印は自転車。 ↑教会の外壁。  スペイン人が入ってきた時にメキシコ人の築いたピラミッドを  壊してその上に教会を建てました。このゴロゴロした溶岩で  ...
0

メキシコのタコス

タコス屋さんでランチ。 左上からQuesadilla con arrachera(牛ハラミとオアハカチーズを厚手のトルティージャに挟んだもの)・→Tacos de Lomito Adobado(豚のヘレ肉をチレ入りの液でマリネードして焼いたもののタコス)・→Mezcales con guanábana (テキーラと同じ原料だが燻製してから蒸留するメスカルをグアナーバナという果物とフローズンにしたもの)・↓Tacos de Costillas (骨つきリブロースのタコス)・↓Sopa de Fideo(トマ...
0

マヤ人にとっての犬の存在

スペイン語の先生とフィールドトリップで Museo Nacional de Antropología (人類学博物館)へ行ってきました。 二度目ということと、以前よりスペイン語が少し分かるようになったことで解説なども深く理解できるようになりとても楽しかったのですが、中でも以前分からなかった、古代マヤ人にとっての犬の存在意味を知ることができそのことが印象的でした。マヤ人は日本と同じくすべてのものに神様がいると信じていましたが「犬...
0

サボテンの実 トゥナ

暑い日はトゥナを食す。 29℃まで上がった今日は肌がピリピリするほど暑い。乾燥でドライフルーツみたいになりそう。湿度が低く汗が流れるようなことはないのだけれど、その快適さがかえって体温を逃す機会も逃している。だから暑い。南国のフルーツには体温を下げる働きがある。このトゥナは手軽に水分をとるのに最適である。両端を落とし(その辺に生えてるのを食べる時はまずトゲトゲをとる)→真ん中に切れ目を入れ→パプリカ...
0

キノア!キノアポップ!

お気に入りの一つキノア。初めて出会ったのはギリシャ料理のサラダだったけれど、ご飯に混ぜて炊くとプリプリになるし栄養価も高いから、アメリカにいた頃よく食べていた。メキシコでは少し高めなキノア、常備しなくなったころ、訪れたペルーは衝撃だった。キノアがてんこ盛りで出てくるから。高地で育つキノアはペルーが産地の一つだった。そこで出会った、キノアポップ。 簡単にいうとキノアのポン菓子状態のもの。ペルーで...
0

メキシコシティの朝は遅い

今日から8月なのね〜 年中変わらないメキシコシティの夜明け。東京では5時台でももう明るいですが、メキシコシティはこれからようやく明るくなります。...
0