Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

458spiderのインテークの位置

ふと「インテークはどこなの?」と聞かれ

あると思い込んでいたBピラーの辺りを見る。

20200218084942760.jpeg

ん?
オプションのカーボンパーツがあるだけ。
あれ?!?!?!

さすがにTomoは知ってた。
ココだよ↓
202002180849439db.jpeg

ほんとだ〜

実はあんまりフェラーリのことを知らない。
ちょっと勉強してみようと思う。

20200218084941398.jpeg
フェラーリ社のカタログにちゃんと載ってました。
エンジンの一番初めに。
458イタリア(クーペ)と姉妹車であるけれど、違いの一つは
クーペではBピラーの位置にあるインテークをリアスポイラーの位置まで
下げたことだと。ココにはギアボックス、クラッチラジエーターがあります。

4E819592-8F32-43A8-8E43-9040E85F3CC4.jpeg
 ↑
このインテークポジションによってスパイダーであってもクーペ同様の
ドライビングプレジャーを堪能できるようにエグゾーストパイプも
リデザインしたそうです。
特別設計のサイレンサーにより3〜5dBのキャリブレーションし
インテークとエグゾーストが同じになるよう調整したそうです。

3〜5,000回転って一番よく使うあたりですよね、走る時に感じられる
ことはないと思いますが快音が耳に届いた時に思い出してみようと思います。

9E121DF0-A055-49B1-94EF-824C98E8C86A.jpeg

またハーモニクス テクノロジーのおかげで屋根を開けていても
エモーショナルなサウンドが楽しめるようになっているのだとか。
ウインドストップを少し下げると更にいいらしい。


その他エンジンについても読んでみるともう今日の仕事が
手につかなくなりそうなのでこの辺にするとして、
7速で最高速度に到達するらしい。
ますますサーキットで走ってみたくなるね〜
 

関連記事