Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

アメリカへの旅立ち1

Hello everyone !
How are you?

This blog was arrived at USA, at first.

I can't speak English very well, because I'll have many trouble.
But it's too small for me.

we have to experience the culture of this country.

******

え、とまぁこの辺で日本語に戻してもいいですかね?
なんせ英語は嫌いな学科でろくに勉強もしていなかったものですから・・・

とはいえ買い物くらいはできますよ。
「This one please.」

ほらね?

え?

なぜか出てきたのはチーズバーガー2つ。
いやいや、頼んだのは1つなんですけど?

なんてこともありました(笑)
最初から学習しますよ、します。

******

前回までは家のことについてご紹介してましたよね?

今回は出国から飛行機で到着するまでのお話。

******

まずワンコを連れてアメリカへ行くには、いくつか方法があります。

1. 貨物として別便で送る。
2. 機内持ち込みする。
3. 飼い主と同じフライトで受託手荷物(貨物扱い)にする。

3.要するにチェックインの時にカウンターで預ける荷物と同じです。
とはいえ、20度に保たれた場所に置いてもらえるので問題はありません。
GIULIAは寒いのが苦手なので、中には布製のトイレマットとカドルベッドを
入れておきました。

******

私たちが選んだ3.受託手荷物にする場合は、乗継ぎのある場合はその時に
フードを与えてくれます。自分でフードの量を記したノートを付けます。
直行便の場合は途中でのどを詰まらせたりするのを防ぐため
フードは中に入れられません。水はボトルで設置する場合のみ可能です。

******

ケージは航空機対応(IAEA認可)のものならOKです。
ただし大きさに規定があり、かなり厳しいです。
条件を満たしていない場合別途購入かレンタルが必要です。

高さ:ワンコが立ち上がったとき頭がつかないもの。
広さ:中で無理なくUターンできること。
長さ:体長の1.5倍
横幅:肩幅の1.5倍

など。詳細はHPでご確認ください。

この結果、あんなに小さくて細いGIULIAなのに「200」という
とっても大きなクレートを用意せざるをえなくなりました。
それでも高さはギリギリで、中にはGIULIAが5頭ははいります(笑)
b-P4177324.jpg

******

日本から海外へ行くには検疫が必要です。
それは前にも書いたので、今回は実際に成田で検疫を受けた時のことを
紹介しますね。

1. 2回のワクチン接種証明書
2. マイクロチップの証明書
3. マイクロチップ装着後に受けた2回の狂犬病注射証明書
4. 狂犬病抗体血液検査証明書
5. 検疫の申請書
6. 渡航前健康診断書(フライトの10日前以内)

を事前に、受ける予定の検疫所へfaxやメールで送りチェックしてもらいます。
その際に不備があると教えてくれるので、とても助かります。

なぜ事前に確認してもらうのか?というと検疫所で渡航先向けの言語で
書類と作成してくれるからなのです。
このお陰で当日も時間がかからずすみますし、自分で書いて間違えることもありません。

******

検疫はフライトの3時間前に検疫所へ行って行います。

ただ、検疫所は一般の人が入られない場所にある為、サービスセンターへ行き
案内をしてもらいます。セキュリティ管理されたドアをはいり、無機質な廊下を
すすむと、ありました。これまたパッと見分からない入り口です。

書類を提出すると、事前に作成しておいてくださった英語版のものと
見比べ間違いがないか一緒にチェックし、その英語版のオリジナルとコピーの
2枚を受け取ります。オリジナルはアメリカで検疫の担当者に渡します。
マイクロチップがちゃんと読めるか機械でチェックして終了。

空港前の広場でしばらくお散歩。
家の中でしかトイレをしなくなってしまったので、ここでもせず。
ちゃんとフライト中にしてくれるのか心配でした。

******

チェックインカウンターで荷物と一緒にGIULIAを預けます。
荷物はベルトコンベアーで運ばれて行きますが、GIULIAは台車に乗せられました。
b-P4177328.jpg

連れて行かれるぎりぎりまで一緒にいても良かったのですが、そばにいると
クークー鳴くので、お願いして早々に立ち去りました。

では、長くなってしまったので、続く・・・・・

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/121-379afd6b