Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

Welcome! MICHIGAN!...?

先日の夜、我が家の窓をノックする音が聞こえた。


コンコンコン、コンコンコンコン。

ん?何の音?どこ?

GIUがブラインドの隙間から入っていって何かを目で訴えている。
え?誰かいるの?


そぅ、音がしたのは玄関のドアではなく、バックヤードの庭の窓。

かなり恐かったけど、そっとブラインドを開けると・・・

b-P6200814.jpg
↑ しっかりカメラ目線の Raccoon(ラクーン/アライグマ) でした。

最近庭を横断している姿は見ていたのですが、たいてい Raccoon を
見つけるのは、道路ではねられてしまった姿だったので
いったいどこに生息しているのか?不思議に思っていました。

b-P6200827.jpg
↑ リスに壊されないように、窓にバードフィーダーを貼付けられる
  フックにさげているのですが、それを狙ってテラスからチャレンジ!

写真で見れば愛らしいですが、体は狸のように大きくて硬そうな毛と
大きな黒い手で、どちらかというと恐い感じです。
狸のようにと書きましたが、この狸のことを英語で「Raccoon Dog」
というので、似たものなのかもしれません。

↓ 翌朝、窓を見るとこんなことに・・・
b-P6230897.jpg

人の家に行く時は、ちゃんと手を洗ってからにしましょう。

まぁ窓を汚されるだけならまだいいとして、相当な破壊力を持っていて
アメリカのモロい壁や屋根に穴をあけ、断熱材のところに巣を作って
しまうのです。当然糞尿で汚れ、その異臭はクリーニングをしても
数週間続く程。Raccoon Control という専門の駆除業者もいます。

更に、そこで死なれたりしたら、いろんな虫は湧くし、悲惨なことに
なると、現地の人達から聞いていたので、追い払うのに必死でした。

Twitter でも情報を求めていましたが、お湯をかけてみたり、
洗剤をまいてみたり(滑って上れないというので手すりに)、でも
全く効果なし。

GIULIAに追い払うよう言ってみたけど、窓越しに尻尾を振って
友達になろうとしてました(泣)

番犬にはイタグレは向いていません。

******

Raccoon 騒動があってグッタリ疲れた翌朝、
↓ American Robin のヒナが遊びに来ていました。
b-P6220841.jpg

警戒感 0 な様子に癒されます。

そして、またも窓に何かの気配・・・

GIUも何かを訴えています。

ん?

↓ Eastern Fox Squirrel (キツネリス)
b-P6230854.jpg
小さいので、今年生まれた子供のようです。背丈は20cmくらい。

↓ バードフィーダーから鳥がこぼしたエサを食べに来ているようです。
b-P6230858.jpg

↓ こちらにも少し大きな子。
b-P6230885.jpg

さらに、その横に

↓ Eastern Chipmunk (イースタン チップマンク/シマリス)
b-P6230864.jpg

ハムスターサイズで小さくてかわいいけど、この子達も害獣。

↓ 植物を荒らして、みんな食べてしまうのです。
b-P6200783.jpg

******

リスの写真を一生懸命撮っていたら、焼きもちを焼いたGIULIAが
無理矢理膝の上に乗ってきました。

b-P6230893.jpg
↑ G:「GIULIAのことだけ見ててよ~あんなののどこがかわいいの?」

はぁ~しかし。
このところミシガンで定番の動物達が続々と我が家に現れます。
まるで「ようこそミシガンへ!」といっているかのように。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/156-d9d65dea