Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

*旅* Traverse City-3日目-

旅も最終日。

ミシガン湖沿いを Sleeping Bear Bay、Plat Bay と湖をみながら南下し、
Muskegon、Grand Rapids、州都 Lansing を経由し帰宅しました。

******

b-IMG_2252.jpg ← 朝は USA TODAY から?

b-P8163593.jpg b-P8163594.jpg
↑ チェリーフェスティバルは先週で終わっていましたが、それでも
  フレッシュなチェリーをゲットできました。

お店には朱赤のサワーチェリー、ダークチェリー、日本の佐藤錦に似たものと
三種類がありました。お店の方が味見をして決めていいというので
食べてみると、甘い2種は濃厚で香りもすごい!迷ったので、二種を
ハーフパウンズずつ買って来ました。

b-P8163595.jpg ← ハーレー乗りのおじいちゃん
カメラに気付いて手を振ってくれました。

b-P8163599.jpg ← 水遊びは大人気
b-P8163625.jpg
↑ Sleeping Bear Dune の少し下にある湖。ここもまぁまぁきれい。

b-P8163613.jpg ← そして拒否するGIULIA

b-P8163629.jpg  ← 環境保護の看板
船のスクリューで水草を痛めないように、とかガラスのコップは使っちゃダメ
とかいろいろ書いてあります。

b-P8163633.jpg ← 車窓からはずっとブルー&グリーン

こんな景色ばかり見ていたら当然お魚が食べたくなるわけで・・・
b-P8163635.jpg b-P8163639.jpg
↑ またもおいしいもんセンサービビビで即決したお店。

b-P8163636.jpg b-P8163638.jpg
↑ 淡水魚が生でもいただけますが、北部はスモークフィッシュが有名です。

b-P8163642.jpg b-P8163643.jpg
↑ フライドフィッシュのバーガーをハーバーのベンチでいただきました。

b-P8163637.jpg
↑ Purch と White Fish って書いてあったけど、これかな?

我が家の旅はこんな地元フードを食べるのがお気に入り。
GIULIAはテラス席でもおとなしくしていますが、
そこに住む人達と同じものを食べた方が丸ごと感じられる気がしませんか?

この時も地元のおじさん達が友人に「ここの魚が一番だよ」と
自慢げに連れてきていました。

b-P8163644.jpg b-P8163645.jpg
↑ 小さな湖(十分大きいけど)だけどすれ違うどの人もいい笑顔。
  こういう静かなところで町をゆっくり回るのも楽しそう。

b-P8163657.jpg ← アップダウンの先にはブルー

b-P8163658.jpg
↑ 視界いっぱいのピーコックブルー。湖だなんて信じられん。

b-P8163665.jpg
↑ こんなにきれいなんだもんお魚もおいしいよね。

b-P8163678.jpg ← 彼はココの住人

b-P8163691.jpg ← ずっとこんな道

↓ ふと橋の上から見えた景色がステキだったので、寄り道。
b-P8163707.jpg b-P8163716.jpg

橋から右手にみえたのは、川沿いに船がたくさん並んでいて
その背景に古い町並みが広がっているというもの。

↓ 先を急ぎたいのにと言うTomoをアイスクリームで誘う。
b-P8163712.jpg b-P8163714.jpg

アイスを買って食べながら移動するはずが、どうしても川の写真を
撮りたいと言ってみたらすんなりOK。GIULIAが乗っているので
短時間という約束で川沿いへ
b-P8163719.jpg ← もしかしたら嗅覚が働いた?

b-P8163722.jpg
↑ ちょうど橋が上がり船が入ってくるところでした。

 M:「ずいぶん大きな船だね~通れんのかね?」

 T:「そりゃ、通れるから来たんやろ」

まぁねぇ。

b-P8163727.jpg b-P8163728.jpg
↑ 川を下ってきたボートが大きな船を避けようと慌てて着岸(青い屋根の)

 M:「やっぱり無理なんちゃうかね?」

 T:「ん~そんなことないやろうけど、ずいぶん大きいね」

b-P8163735.jpg
↑ 大きいし、長いね。

んん?

んんん?

b-P8163743.jpg
↑ 頭を左右に振るためのスクリューで軌道を直そうとするものの
  その水流でボート達はガッチャンガッチャンポップコーンのよう。

b-P8163750.jpg
↑ ゴゴゴゴゴゴーーーーっ

 M:「こすっとるで」

 T:「ホンマや、ありえんな」

オーナー達が駆けつけ慌ててるけど、エンジンはガリガリだった模様。

b-P8163754.jpg
↑ その先のボートもこすられずともそのスクリューの水流でギューギュー
  岸壁にこすりつけられてたよ。
  右端の小さなボートは転覆してた。

b-P8163760.jpg
↑ あ~あ~。
  荷物のってたらしいけど、どっか行っちゃったねぇ。
  どうするのかねぇ。

まわりで見ていた人も「Oh! ビッチ!」を連呼。

b-P8163763.jpg
↑ でもこの船常習犯?船体には無数の傷が・・・

b-P8163765.jpg
↑ ハーバーのオーナーにクレームする人達。

と、そんな時に川を下ってきたフェリーが警笛ポーポー。
なんとか避けきれたみたいだけど、そんな緊張感の中、

↓ この暴れん坊船の脇を悠々と抜けてきたカヌーのおばさん。
b-P8163773.jpg
笑顔だった。

 M:「すごいもの見ちゃったね。恐かったよ。船じゃなくて良かった。」

 T:「・・・うん」

のんびり雄大な光景を見るはずが、とんだ災難を目撃してしまい一同ドン引き。

******

b-P8163803.jpg ← フリーウェイの脇はコーン畑

b-P8163805.jpg ← ジープが小さく見えるね。

ん?

b-P8163807.jpg ← RVに引かれたジープだった

b-P8163835.jpg ← 旅の形もいろいろ

b-P8163809.jpg ← シェルとマックは同じ色。

こちらのガソリンスタンドは何かお店とくっ付いています。
ここはシェルとマック。
だからオイルとか売ってる奥でハンバーガー売ってます。

なんだかずっとグリーンとブルーばかりみていた今回の旅。
秋には紅葉がきれいなんだそうな。

その時は、かぼちゃとスモークフィッシュを楽しもう。

何もないけど、ゆっくり心を休める場所はいつでもあるミシガン北部。
家から4時間、気軽に行けるっていうのもいい。

あなたの夏はいかがでしたか?

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/177-6744fd91