Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

X'mas 2011

あれこれ悩んだ結果、ミシガンへ来ると決まった時から
ネットで見て行きたいと思っていたCrystal Mountain Resort & Spa
で、のんびりすごすことにしました。

リゾートホームを借りることも考えましたが、人里離れていた場合の
雪かきの状況や、食材など手に入るかどうかの心配もあったので
大型リゾートが安全というのもありましたしね。

ところが、暖冬のミシガン。
12月も後半だと言うのに、雪は降ったり融けたり。
現地の事前の予報も全日晴れ!!!なんてこと。

*** Dec, 23 ***

このリゾートは2~3階建ての建物にいくつか部屋の入った
ホテルスタイルのものから、コテージ、戸建てと様々な種類の
分譲物件をオーナーがレンタルするというスタイル。

もちろんオーナーが利用することもあれば、提携している
南の島のリゾートのオーナーと交換ステイすることもできます。

しかしどのコテージも広い(笑)

二人なのに4Bedroom とか使い道ないしね。
で、私たちが泊まったのは2番目にお手頃な "Inn at the Mountain Suites"
1Bedroom なんだけど、リビングに壁ごと倒れるようなタイプの
クイーンサイズ収納ベッドがあるので4人まで泊まれます。

b-PC237098.jpg b-PC237099.jpg
↑ パソコンスペースもある。


b-PC237100.jpg b-PC237103.jpg
↑ 手狭とはいえマスターも7畳くらいある。

他にバスルームも広い。ダブルサイズのジャクジーもある。

b-PC237106.jpg
↑ ナイトスキー。心配になるほど空いてる。

b-PC237121.jpg ←Tomoが何か見てる。
寒さで手は震え、雪で写真はピンぼけ。
b-PC237122.jpg ←大きなツリーがはえてました。

*** Dec, 24 ***

↓ 翌朝、窓を開けたら真っ白。
b-PC247129.jpg

b-PC247176.jpg ←車もほわほわ。

b-PC247134.jpg
↑ 朝食は "WILD TOMATO RESTAURANT & BAR" のバッフェ

b-PC246247.jpg ←敷地内徘徊。
寒すぎて暖炉に避難→ b-PC246263.jpg

******

午後は灯台があり、夏は避暑地リゾートで人気の Frankfort へ

b-PC247235.jpg
↑ どんなに雪が降っても除雪がしっかりしているので
  車は普通に走れます、滑るけど。

b-PC247247.jpg
↑ 町の入り口。街灯も灯台になっていたけど撮り忘れ。

b-PC247248.jpg
↑ 見渡せるほどの小さな町。ミシガンの田舎はどこもステキ。

b-PC247260.jpg b-PC247262.jpg
↑ 古い時代の建物がそのまま残っていて絵になるけど
  寒くて写真は車の中からのみでした。

b-PC247270.jpg
↑ "Frankfort North Breakwater Lighthouse"
  HPの写真を見てもっと寒い時に来たくなった(笑)

ミシガンは灯台がたくさんあるので、灯台巡りをしている人も
たくさんいます。この日も何組か来ていました。

******

夜はドレスアップして、リゾート内で一番フォーマルなお店へ
b-PC247196.jpg
↑ "Thistle Pub & Grille" は "Kinlochen"というコンドと同じ建物内


b-PC246280.jpg ←暗すぎ...(笑)


b-PC246281.jpg b-PC246283.jpg
↑ "Soup of the Day" は サーモン、クラム、?のスープ
  贅沢なお味でした。


b-PC246286.jpg b-PC246288.jpg
↑ Tomoのエントリー "New York Strip Steak"
  私は "Cheder Planked Salmon" サーモンの分厚さも最高ですが
  Roasted Fennel がブリッとしておいしかったです。

b-PC246294.jpg ← デザート多すぎ。
"Roasted Cacao & Espresso Banana"

この日、いただいた白ワインはミシガン北部 Old Mission にある
ワイナリーのシャルドネ Bowers Harber Vineyards のもの。

サーモンとあうというより、この日の料理が五角形だったとしたら
それが十角形にも十二角形にもなった気がしました。

レストランのツリー→ b-PC246295.jpg
ガラスのボールがたくさん付いてるだけのシンプルなツリーに
心惹かれるのは、周りの景色が美しいからでしょうか?

たまにはこんなのんびりした結婚記念日もいいものです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/218-cf7f8b68