Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

春夏秋.....春?

年末に雪が降り始めたら、もう芝は春まで真っ白だと聞いていた。

1月末から2月ともなると、マイナス20度になる日もあるとも。

ところが・・・

2月だと言うのに、雪はないしまるで春のような陽射し。
朝晩こそマイナスになっても日中はプラスになり
日によっては12度なんて日もあった。

冬。

どこいった?

ここをご覧のみなさんはご存知かと思いますが、私は冬が好きです。
だから楽しみにしてたのに。
雪対策のこととか女神湖の家に活用しようと思ってたのに。

冬~どこいった?

で、誕生日も過ぎたこの週末、どうも頭が痛いと思ったら
風邪を引き始めている様子。

それでもあまりのお天気のよさに、車の中から見るだけという
約束でいつもの公園に行って来ました。

一応カメラも持って。

******

b50-P2059055.jpg
↑ 陽射しはもう春。

b50-P2059094.jpg
↑ 氷もとても人が乗れそうもない。

b50-P2059072.jpg
↑ 氷に閉じ込められていた秋もひょっこり顔を出す。

b50-P2059086.jpg
↑ 命あるものは凍らないのかも?

b50-P2059102.jpg
↑ 導かれるが如く氷が割れてますが、渡ってはいけません。

b50-P2059093.jpg
↑ 勘違いして渡ってしまった人はこれのお世話になります。

b50-P2059088.jpg
↑ ホワホワしていてヒヨコみたい

なんて思ってたら、鴨がヒナを連れていました。
え?もぅ?

b50-P2059110.jpg
↑ ブクブク。

b50-P2059117.jpg
↑ やはり命あるものはあたたかいらしい。
 
b50-P2059123.jpg
↑ 凍り方によって模様が違うんだよね。
  いろんな人生を歩んで来た人がいるから世の中おもしろいように。

b50-P2059113.jpg
↑ 透明な氷を通すと景色がより輝いて見える。


******

人の心も氷のように澄んでいたら、ガラスのようにもろいかもしれない。
でもくすんでいるより、例え割れても輝いている方がいいな。

散ってしまったように見えても命はそこにあって、
厚い氷をも融かすあたたかさは失っていないことを
落葉は伝えたかったのかもしれない。

******

風邪気味なのに、体が冷えきるまで夢中で撮った写真は
私の想いが透けて見えるかしら?
 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/224-9ebe48b0