Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

Antique Mall in OH 3

Air Show の日記が途中ですが、イベントの前日に
アンティークモールへ立ち寄ったのでその時のお宝を公開(笑)

初めてオハイオのモールへ行った時に Cambridge Glass Company の
食器が気に入っていていつか欲しい(ちょっと高いので)と思っていました。

今回、最初に目に入ったのもこの Cambridge のカップ&ソーサー
でしたが、1脚60ドルオーバーでちょっと手が出せず・・・


と。

b50-P7175908.jpg
↑ 見つけました!しかも19ドル。
 Cambridge "Rose Point" Shape 3900 Cup & Saucer Set

この柄は1936-1953年の約20年間作られていました。
だから一番新しくても60年ものってこと。


b50-P7175913.jpg
↑ 柄の種類はたくさんあるんですが、この RosePoint も
 お気に入りの一つ。いろんな柄のセットが欲しいのです。


b50-P7175914.jpg
↑ たぶんお安い理由はこの底の歪みが大きいからではないかと。
 でも自分で使うから気にならないさってことで購入。

******

結婚する時に食器はすべて自分の好きなもので揃えようと
張り切って集めたんですが、すべて2つずつなんです。
そうしたら、もし複数のお客様がいらしてもみんなバラバラなら
気にならないでしょう?

だから2脚あればOK !

******

続いて・・・


b50-P7175917.jpg
↑ Fostoria Glass Company "Colony" Cup & Saucer set

1920-1980年代にかけて作られましたが、そのほとんどが
1950年代に作られています。

ということは、これも60年ものかも?


b50-P7175928.jpg
↑ これも破格でした。相場でも10ドルしないものが多いのですが
 これは3ドル以下(笑) 多分この気泡のせい?

美品はお金出せばあるんですが、こういう気泡が入ったことで
このカップは世界に一つのものになったんじゃないかと
そんな風に感じて手に取ってしまいました。


b50-P7175934.jpg
↑ シンプルに見えて実は計算され尽くしているのでは?という
 曲線の美しさ。


b50-P7175937.jpg
↑ このふっくらしたウェーブが重なるとまた新しい"美"を
 生み出します。

******

購入時は多少くすみがありましたが、
これもアメリカのディッシュウォッシャーにかかれば
お見事ツヤッツヤのピッカピカ。

一見繊細に見えるけれど、60年もこの世に存在し続けた食器達
どこかたくましく、そのギャップがまた魅力でもあります。


これでまたお友達を招くのが楽しくなりそう。
 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/255-e2a14f0e