Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

赤いV8

「アメ車なんて。」

全く興味がなかった私が渡米して初めて選んだ車。

"Lincoln MKX" 2年間私たちを支えてくれました。
(そのブログはこちら→「黒くてキラキラな車」
この車は本当に気に入っていて選んで正解だったと
自分の直感を褒めたいくらいだった。

そして、私がアメリカで初めて恋した車。

キリリとしたそのお尻が気になって仕方なかった。
大好きなイタリアのデザインとはまた違う魅力があり
ミシガンの風景にもよく映えていた。

******

欲しいな〜と思って春の頃、Tomoとディーラーへ
まだその時は具体的に色を決めていなかったけれど
「これだ!」と思う色に出会った。

でもそこのスタッフとは縁がなかった。

******

と、この土曜日にTomoが近場のお店で
割といいんじゃないか?という1台を見つけてくれたけど
でもどうも心惹かれず、もう少しネットで探すことに
して、帰宅。
なんとなくネットで画像検索しているとこれまでのリストに
出てきていなかった1台を我が家からちょっと離れたお店で
発見した。ダメ元でTomoに話したら夕方予定があったけど
「見るだけ行ってみよう!」と。

******

お店へ着くと「OPEN」のライトが消えていた。
M:「土曜日だからもう閉まってんのんちゃう?」
T:「あ、4時までやって」
M:「え?4時8分やわ、遅かったか〜」

と、芝刈りを車に積み込んでいるラフな格好のおじさん発見。

T:「もう閉店ですよね?あの車をネットで見て来たんです。」

A:「あぁ、あの車。見るかい?」
アメリカでは土日は休みだったり早い時間に閉まるのが普通です。
もしまだスタッフがいても「今日は閉店だよ、また平日おいで」
と言われるのが普通です。

見せてもらうとマイレージも少なく装備も申し分ない。
少し話しをして、月曜日にもう一度お話をすることになった。
私たちはそのアメリカのお店としてはありえない彼の
すばらしくフレンドリーな対応にすでに感動していた。

******

月曜日の夜。
A:「きっと試乗から戻ったら彼女は笑顔だと思うよ」
と、土曜日に対応してくれたアンソニーに見送られ
まずは試乗へ。

更にトレードイン予定のMKXの査定をしてもらったら、
なんと前回のディーラーより好評価。
(日本ほど相場がなくお店による評価額に差があります。)

提示された金額も納得の範囲だったし、何より担当の
アンソニーの人柄にとても心惹かれ、ただ見に来ただけの
つもりが購入を決めてしまった。

******

土曜日の閉店後だったのに丁寧に対応してくれたこと、
私たちの後に3人の購入希望者があらわれたのに、
私たちを信じて月曜の夜まで待っていてくれたことなど
お礼を伝えると、アンソニーは「自分のためだ」と笑った。

「もしまた来ると言って来なかったとしても
 その人が嘘つきだったというだけのこと。」
「家族のために働くと言う人がいるけれど
 仕事は自分のためのものだし、そのことで
 誰かを笑顔にできるならその人もハッピーだし
 自分もハッピーだ。ハッピーでいることは大事だ」
 
他にも車のメンテナンスをしてもらっている時間に
たくさんいいお話ができました。

******

ん?メンテナンス?

そうなの。
車内のクリーニングとかいくつかお願いをしたので
いつ頃引き取りにくればいいか聞いたら

A:「今日乗って帰ればいいさ。」

と。

日本ではありえないでしょ?
ガレージセールで買ったバケツじゃないのよ?車よ?

ということで、その待つ間に州の登録だったり
あらゆる書類を用意してくれ、荷物を載せかえ
お持ち帰り〜となったわけ。

まさかそのまま車を乗り換えて帰ることに
なると思っていなかったので、MKXは洗車
どころか荷物も載ったままでした(笑)

******

で、車は何になったかもうお分かりの方も
いらっしゃいますよね?

b560-OMD34401.jpg b560-OMD34402.jpg
↑ このシャープさが危険だと日本仕様は
 カバーがついているんでしょ?危ないかな?

b560-OMD34406.jpg
↑ ブレンボ〜!
 MKXはブレーキが利かなかったからちょっと期待

b560-OMD34404.jpg
↑ で、やっぱりV8でしょ!ってことで"SS"

日本仕様ではすべてに "RS Package" が付くので
V6の LT RS、V8の SS RS、V6 Convertible の3種ですが
"1LS""2LS""1LT""2LT""1SS""2SS""ZL1"と細かく分かれています。

b560-OMD34408.jpg b560-P7230142.jpg
↑ このシャープなミラーはあまり見えないので
 日本仕様では大きく四角くなって可倒式なんですよね?
 でも、やはりこのラインがボディに合っていると思う
 もちろん固定式ですが、邪魔になることないし。

b560-P7230146.jpg
↑ そしてキリリとした目。

b560-OMD34400.jpg
↑ 曇りなのが残念。きれいな色なのに。

b560-OMD34419.jpg
↑ いいお尻〜

b560-OMD34418.jpg
↑ ラリーストライプがまたいい。

b560-OMD34414.jpg ←Camaroって「友達」なんだって

"2012 Chevrolet CAMARO 2SS" RS Package です。

色は "Crystal red"→ b560-OMD34417.jpg

赤といえば "Victory red" がいわゆる真っ赤ですが、
これは私の誕生石ガーネーットに似た
ピンクがかったワインっぽい赤です。
不思議な透明感があって宝石みたい。
元々はアメリカでもオプションカラー($340)ですが
どうしてもこの色が気に入ったので譲れませんでした。

b560-OMD34427.jpg b560-OMD34432.jpg
↑ ちょっとガレージ内なので汚いですが
 ヘッドアップディスプレイとムーンルーフ
 バックカメラも希望装備でした。

b560-OMD34435.jpg ←ルームミラーまわり
マップランプやガレージゲートオープナーなど。
バックギアに入れるとルームミラーにバックモニターの
映像が表示され、同時にセンサーも作動します。

ミシガンに住んでいると基本は前から駐車が
基本なのでバック駐車することもないのですが
なにせ後ろが見えないので助かります。

b560-OMD34429.jpg b560-P7230138.jpg
↑ メーター周りも至ってシンプルですが
 質感はそう悪くありません。


走った感じはとってもマイルド。
普段は私の買い物の足として日常使用のできる
見た目がスポーティな車ですね。

b560-OMD34438.jpg
↑ MKXよりは小さいのでガレージが広く見えます。
 実際、運転席側はこの状態で1mくらいあり、手前に
 Tomoの車が入るのですがドアを思いっきり開けても
 当たらないので使い勝手に不便もありません。

さて、これからのおでかけが楽しみです。

素敵な営業さんとの出会いも、妥協することなく
Best of best な車を手に入れられたのもTomoのおかげ。
感謝してるよ〜ありがとう。

この車を見つけちゃった土曜の夜から
興奮しすぎたのか?体調崩してましたが
無事?復活!
 
あ、ちなみにマイレージは1,800mileでした。
as good as 新品でしょ?

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/299-6324e7b1