Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

ナイアガラ (2)

ナイアガラ2日目、8月15日の朝、目が覚めると
b560-OMD55779.jpg
↑ この景色でした。

b560-OMD55804.jpg ←一直線な地平線に何か突起物

一番明るい部分が建物とかぶりそう→ b560-OMD55813.jpg

b560-OMD55819.jpg
↑ ギリギリ逃れたけど、あれはなんだ?

b560-OMD55826.jpg←すんごい邪魔。

b560-OMD55842.jpg
↑ ややかぶり・・・

b560-OMD55853.jpg
↑ えぇい!思いっきり引けば気にならんか?

b560-OMD55859.jpg
↑ いや、許せん。
 Zoomしてみたら、これアメリカ側のカジノです。
 タイミングよくシャッターを切ると"7"が並んだり
 チェリーが並びます(笑)

そんなんイラーン。

b560-OMD55879.jpg
↑ しかし、上から見下ろす滝の美しいこと。

b560-OMD55880.jpg
↑ 日の出はバッチリじゃなかったけど、この雲が
 空に独特の雰囲気を与えてくれてこれもいい。

b560-OMD55912.jpg
↑ 夜中にふと目を冷ますと風がなかったのか?
 水煙が窓の高さくらいまで上がっていました。

いつまで見ていても自然の風景というのは飽きません。
特に、今回はホテルの部屋から見られたことで、
カナダ滝の上流の川が美しいことも知ることができました。

でも、みなさんは滝の写真ばかりでは退屈ですよね、
次へ行きましょう(笑)

******

b560-OMD55953.jpg
↑ エェ、まだ滝です。
 滝の右寄りに黄色い小人が見えますか?
 まぁ、小人ではないんですが、この黄色いかっぱを
 今回は着てみることにしました。

b560-OMD55962.jpg
↑ 滝の裏側です。
 "Behind the Falls" だったかな?
 並ぶことなく、渡されたかっぱを着て黄色い小人
 (え?小人はもぅいい?) まぁ、順に歩いて滝の裏側の
 トンネルに入って行って見るのです。

時折風でザバーっと水が入ってくるのですが、台風のようだし
だいたい落ちて行く水の量が迫力満天。

b560-OMD55982.jpg
↑ 水しぶきが〜大雨の中にいるようです。
 周りの方がカメラを心配してくれましたが
 もちろんこういう写真のために OM-D EM-5 を
 購入したわけで、平気なのです。

b560-OMD56021.jpg
↑ "Made of Mist" に乗っている人達が遭難中の
 難破船にしか見えません。

b560-OMD56067.jpg
↑ 間近で見ると触りたくなる錯覚に襲われます。
 水がとってもきれいな透き通ったグリーンなんです。
 でも、手を差し出してはいけません、その感動を
 誰にも伝えられませんよ。

******

今度こそ滝を後にして、ナイアガラ オン ザ レイクへ
この Niagara-on-the-Lake も前回ご紹介しておりますので
今回は簡単に。

b560-OMD56088.jpg b560-OMD56095.jpg
↑ といいつつ、やっぱり撮っちゃう。
 どちらも宿泊できます。

b560-OMD56104.jpg←お店がいちいちかわいくて
写真撮りたくなるのよね。

ランチは前回とは違う"CORK"というお店にしました。
b560-OMD56089.jpg b560-OMD56108.jpg
↑↓ 私はラムのハンバーガー。TomoはFish & Chips
b560-OMD56109.jpg

テラス席は人気で40分待ちでしたが、店内は空いていました。

******

お腹を満たし、ジェラートも食べ、次なる目的地へ。

b560-OMD56130.jpg ←こんな道を抜けて行くと

夕日が沈む〜ちょっと遅かった〜→ b560-OMD56135.jpg

b560-OMD56143.jpg
↑ 何やら細い砂浜が・・・

b560-OMD56192.jpg
↑ ずーーーーーっと細長く砂浜が突き出ています。

ここは "Point Pelee National Park" です。
カナダ最南端なんですよ。
詳細は"Wiki Point Pelee"
地図なども出ています。

b560-OMD56289.jpg
↑ 先っちょから見るとこんな感じ。

波が両側から打ち寄せるのって恐いよね?
急に満ち潮にならない?って。
この辺りは突堤の先と同じで泳ぐのは危険です。

b560-OMD56360.jpg
↑ 雲で屈折して岩滓絵の具で書いたような太陽でした。

バードウォッチングで有名な公園だそうですが、
写真を撮るにもいい公園だと思います。
ただ、この日は虫がすごくて、息ができない程の
大群で飛んでいたので、虫除けだとか口元を
塞げるハンカチなどをお持ちになった方が良いかも
しれません。

このあと、国境を越えデトロイトへ戻りました。
カナダですが日帰りでも行ける距離なので
お天気の良い日に行かれてみてはいかがでしょうか?
 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/307-7c60d0ce