Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

Guanajuatoへ(3)

初日の目的地、
*** Guanajuato州, Guanajuato ***

元は荒れた大地だったが1548年に銀が発見され
一攫千金の夢を見た人々が押し寄せ、都市計画もないまま
作られた街なので区画整理がなされていません。

16世紀半ばにスペイン人により築かれた町で
最も栄えたのは18世紀の後半、銀の生産量は
世界の15%を占めていました。


640-OMD96987.jpg
↑ グアナファトらしさともいえるトンネル。

銀の産出による繁栄も19世紀後半の銀の大暴落により
終焉を迎えますが、長年銀の鉱山開発で培われた技術により
街の地下に張り巡らされた総延長8kmに及ぶ地下道路により
車社会となった現代の生活に対応しながらも
古い町並みを残すことができたそうです。

そう、Guanajuatoはメキシコで最も美しい街と
言われていて、ユネスコ世界遺産の一つです。

640-OMD96991.jpg
↑ 街を見下ろす高台より


メキシコの雨期は夕方4時頃に夕立があります。
ホテルの部屋がブッキングしたりしていないか?
不慣れなスペイン語のサイトで予約をした不安もあったので
チェックイン可能な3時をすぎて早めにホテルへ。

*** Hotel Mision Casa Colorada ***
「ホテル ミッション カーサ コロラダ」
↑ クリックするとホテルのページへ飛びます。

今回泊まった部屋は
・クラッシック スイート
・1 キングベッド
・テラス付き
・シティービュー
・禁煙
・フリーWi-Fi
・敷地内駐車場(無料)

640-OMD97022.jpg
↑ お土産物屋さんでも見かけたこのベル。
  実はお部屋のキーホルダーになってます。
  
640-OMD97005.jpg
↑ 木の扉を開けるとクロークスペース、右にバスルーム。

640-OMD97003.jpg
↑ キングベッドですが、長さが短く身長約170cm
  の私でもちょっと窮屈な感じでした。

640-OMD97007.jpg
↑ バスルームの洗面台はトップライトの射し込む
  手描きタイルが印象的です。

640-OMD97009.jpg
↑ タイルの洗面ボールにシャチホコみたいな蛇口が
  おもしろいですよね。浴槽も全部これでした。

640-OMD07161.jpg
↑ アメニティはイタリア製のシャンプー、コンディショナー、
  石けん、歯磨きセットその他裁縫道具までありましたが、
  一人分しかなく、なぜか2泊目はバスローブもなくなりました。
  たぶん言えば持って来てくれるんでしょうけど、面倒だった
  私達は自分たちで持って来たもので対応しました。

640-OMD97000.jpg
↑ お部屋はロビーからの階段を上がった正面でした。
  窓からは街が一望できます。テラス付きだけど
  イスが並べられる程度の小さなものです。

640-OMD07212.jpg
↑ 暖炉もありました。朝晩は肌寒いメキシコ、
  年末の頃には使うこともあるのかも?

640-OMD07208.jpg
↑ 照明は真鍮製、私がフィレンツェで習ったチェゼッロ
  でした。手作り感があって灯りもやさしい感じです。

640-OMD07211.jpg
↑ 部屋も広々していましたが、ゆるくカーブした天井の
  デザインもあってのんびり過ごすにも快適でした。

そうこうしていると、夕立が。
15分程で止み、陽も射して来たので街へ出ることにしました。
 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/363-a9cea658