Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

Guanajuatoへ(6)

グアナファト州への旅2日目。

640-OMD07159.jpg
↑ 夜と朝の合間

*** La Casa Colorada ***
レストラン・ラ・カーサ・コロラダ

今回2泊した Hotel misión Casa Colorada には
レストランがあります。

宿泊客でなくても食事ができます。
実際、このホテルに来た時に、Tomoが
以前に仕事の会食で来たことがあると
気付いてこれまたビックリ。

500
↑ レストランのテラスからの眺めも良いので
 ランチでも素敵ですね。

640-OMD07171.jpg

朝食はこちらでいただきました。

640-OMD07165_20150821105315c01.jpg 640-OMD07174_20150821105319d8c.jpg
↑ こちらもドーム状に高くなっていてとても気持ちがいい。
 オレンジ色ののは Lima(リーマ)というレモンに似ているけれど
 切ると中がオレンジ色の柑橘類があってそれのジュースです。
 爽やかでグレープフルーツとレモンの間かな?

640-OMD07173_20150821105317736.jpg 640-OMD07176.jpg
↑ 私はここBajio地区のオムレツ。Tomoも地元のだけど
 なんだっけ?私のは中にハムともちもちのチーズが
 入っているんだけど、卵の香りが良くて見た目より
 さっぱりしていてペロッと食べちゃいました。

*** Museo De Las Momias de Guanajuato ***

ま、ミイラ博物館です。
とても人気でチケットを買うのに20分待ちと
聞いていたけれど、そんなに人はいませんでした。

思ったより小さな施設で、展示数も今は少ないみたい。

事前の話しではNYの博物館が探していて
欲しがっているミイラがここには100体以上あると。
しかし、メキシコでは亡くなった方をお墓に埋めるんだけど
ちゃんとお金を払っていないと7年で出されて博物館行きに
なるんだそうです。

すごい国だ。

640-OMD07214.jpg 640-OMD07215.jpg
↑ 気持ち悪いし変なモノもらっちゃいそうだったから
 1枚だけ写真撮りました。そしてなぜか館内の至る所に
 割れた姿見が。たぶん自分の姿を見てギャーってなるのを
 期待したメキシコ人の遊び心かもしれないけど
 細かく割りすぎていて姿が写らないっていう(笑)

ずっとここだけは外せないと言っていたTomoも
途中から気持ち悪くなったみたい。

ミイラって包帯でグルグル巻きにしているイメージでしょう?
エジプトとかのはね、包帯にクローブなどの防腐効果の
ある液体を染ませて巻くんだけど、メキシコの場合は
土壌の成分の影響と乾燥した気候のせいで
何もしなくても7年経てばカリカリになるそうです。

だから展示されているものも髪の毛や皮膚がそのまま
残ってるの。内蔵とか眼球が残ってるのもあるし
赤ちゃんのもあってね、どうしてメキシコ人はこれを
笑いながら一緒に写真を撮れるのか不思議。

ここまではセントロから歩くこともできるようですが
とにかく暑い、坂がキツい、路面は丸い石
ということで、車で行きました。

途中微妙な雰囲気の所もあったし、メキシコ慣れ
していない方は特にアジア人は目立つので
徒歩よりせめてタクシー使った方が良いかもね。

*** 町歩き ***

2日目はセントロの東側を巡ってみることにしました。
朝は路面も乾いていますがやはり急坂ですし
階段の面も斜めになっているので滑りにくい靴がよいです。

ピピラの丘まで降りて、東側の階段へ

640-OMD07230.jpg
↑ 壁の色がこんなにもカラフルで鮮やかなのに
 うるさくないのはどうしてなんでしょうね。
 陽射し?乾いた空気?コロニアルな建物だから?

640-OMD07226.jpg 640-OMD07234.jpg
↑ どの家のドアもいい具合に朽ちていて
↓ 何とも味があっていい。
640-OMD07227.jpg

640-OMD07231.jpg 640-OMD07232.jpg
↑ アメリカもメキシコも日本にあるような表札
 というものはありません。防犯の問題もあると思います。
 代わりにハウスナンバーや通りの名前を掲げていて
 それがまたメキシコのタイルなので風景にとけ込んでいて
 好きになりました。

お土産屋さんなんかに "Mi casa es tú casa"
直訳すると「私の家はあなたの家」で自分の家のつもりで寛いでね
って意味だと思うんですが、"Tú casa es mi casa"
「お前の家は俺の家」ですね、ジャイアン?なんてのもあります。


*** Cafe de La Paz ***

Calle Ponciano Aguilar 35
Zona Centro
36000 Guanajuato, Gto.

Monday - Friday 9a.m.-11p.m.

640-OMD07247.jpg 640-OMD07248.jpg
↑ Frappé Orchata y Nuez(オルチャタとくるみのフラッペ)
 オルチャタは米を砕いたものにシナモンなどスパイスが
 入っている伝統的な飲み物です。
 Frappé Chocolate Blanco(ホワイトチョコのフラッペ)
 どちらもおいしかったけど、疲れていたから
 オルチャタの方がリフレッシュしました。

640-OMD07251.jpg
↑ 外観も爽やかで素敵。クレープとコーヒーのお店なので
 次はクレープを食べたいな。

*** 町歩き ***

640-OMD07237.jpg
↑ Templo de San Francisco(サンフランシスコ教会)
 ピンクの壁が美しい。

640-OMD07240.jpg
↑ Teatro Juárez(フアレス劇場)

640-OMD07242.jpg
↑ どうもピピラの丘に行くケーブルカーが
 動いている様子がない。

640-OMD07257.jpg
↑ グアナファト大学 1732年にイエズス会が設立した
↓ 学校からはじまった。
640-OMD07262.jpg

640-OMD07260.jpg
↑ 大学の階段下に制服を来たすごくかわいい子が
 いるなと思っていたら、花束を持った彼氏登場。

メキシコにはその日暮らしの貧困層の人達がたくさんいますが
それでもいつでも愛する奥さんや彼女のために花を買えるよう
街中には花屋さんのスタンドがあちこちにあり、1本から安価で
売られています。そんな素敵な国の人達だからか、花束を
受け取った彼女の喜び方もかわいらしくて絵になっていました。

幸せにね。

640-OMD07261.jpg
↑ 大学の階段を一番上まで上がるのは
 ちょっと大変だけどとても眺めがいいので
 そこまでの苦労は十分価値があります。

右上の丘の頂上に茶色く見える建物が
今回泊まっているホテルです。
その少し右下に手を挙げているピンクの像が
ピピラ像、展望台までは誰でも上がれます。

あ、散策しながら歩いてなんて思っていると
ちょっと大変ですよ、道が悪いのに加えて標高に
慣れていないと頭痛など体調不良になりますので
気を付けて下さい。

私達が下って来ているとき、下から上がってくる人達は
「酸素が足りない!」「息が吸えない」なんて
とても苦しそうにしていましたから。
 
さて、2日目の夜はホテルのレストランで食べました。
つづく。
 
 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/366-baea3996