Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

Guanajuatoへ(8)

640-OMD17327.jpg
普段から早起きが好きなのですが、旅に出ると
ワクワクして更に早く目覚めてしまいます。
真っ暗な部屋の中でカメラをゴソゴソ。
見下ろす街に人影を見つけては観察してみたり。

3日目は移動日、先を急ぐのでチェックアウトも
早めに済ませ・・・

・・・たのに、ホテルのお庭を発見!

640-OMD17332.jpg
↑ 駐車場の隣に少し歩けるようになったお庭がありました。
 なんだ、夕方ここでのんびりすれば良かったね。

640-OMD17335.jpg
↑ サボテンって不思議な生き物だな。
 もうこれは植物じゃないよね。
 あまりマジマジ見ていると、フッと息を吹きかけて
 きそうなそんな潜んだ生命の気配を感じます。


640-OMD17334.jpg
↑ "YUCA PINCHUDA" なんか宇宙人みたいな名前だ。

3日目からは同じグアナファト州でも車で2時間程
東へ走った所にある San Miguel de Allende という
街へ向かいました。


***  SM de Allende ***
(サン・ミゲル・デ・アジェンデ)

640-OMD17346.jpg
↑ 広大な土地を見ても驚かなくなったのは
 やはり4年間のミシガン生活のせいね。

640-OMD17343.jpg
↑ と、言いつつも、アメリカの広大さとはまた違う。
 だって草原に見える所みんなサボテンなんだもん。

車窓の風景を見ながらすごいね、すごいね、って連呼してたら
Tomoが少し開けた路肩の原っぱを見つけて車を止めた。

でも、知らない土地でしょ、もし未知の部族が怒って
銃を持って追いかけて来たらどうするの?とか
あちこちにサボテンが生えてるからトゲでパンクしたりしない?
と心配する私を置いてTomoは崖の縁まで歩いて行ってしまいました。

その崖だって崩れるかもしれないのに、心配性な私と
用心が足りないTomoはいつもこんな感じ。
で、「ほらやっぱり!」ということが起きる(笑)

640-OMD17351.jpg
↑コレ何の植物だろうね。

640-OMD17352.jpg
↑ これもこんなにかわいいのにすごいトゲだよ。

640-OMD17353.jpg
↑ ハエトリソウみたいのもある。

640-OMD17354.jpg
↑ わ!コレもサボテンだ。こんなぺちゃんこだけど
 すっごい長いトゲがあるよ。毒とかないのかな?


 
イッテー!!!!!!

何か刺さったらしい。いわんこっちゃない。

ペチャンコサボテン(名前不明、毒の有無も不明)は
よく見るとぎっしり生えていて避けて歩くのが
大変な程。それなのにトゲは竹串みたいに太く
4cmはあって、あちこち不規則な向きに飛び出てる。
直径は12~15cmくらい、まるで地雷だ。

Tomoはまさにその地雷を踏み、
トゲが履いていたスニーカーの側面を
突き破って足に刺さったらしい。

もう一度言っておく、いわんこっちゃない。

心配性な私はちゃんと一歩一歩確認しながら
歩いていたので無傷。ふふっ。

すっかりトゲ地雷事件でTomoの "寄り道欲" は失せたらしく
まっすぐ目的地へ到着。
たいていセントロの手前って微妙な空気の街だったり
するんだけど、ここもやはり信号や踏切で幼子の手を引いた
お父さん、乳飲み子を抱いたお母さんがお金をくれと
車に近づいてくる。

その後、サボテンの毒が回り足がパンパンに腫れて
高熱が・・・なんて最悪の事態になることもなく
無事この日のホテルに到着。


*** Casa del Tio Hotel Boutique ***
カーサ・デル・ティオ・ホテル・ブティック

Hospicio #21, Col. Centro, San Miguel de Allende, Guanajuato, México 37700
Tel: (415)152-1771 & (415)121-5295

チェックイン(3時)よりずいぶん早く(12時)着いてしまったので
車と荷物を預かってもらえないかと
交渉しにフロントへ向かった(←私の仕事)

予約していることと、用件を伝えるとちょっと待ってねと
席を外し帰って来たフロントの女性は
「もうすぐお部屋の掃除が終わるんだけどどっちがいい?」
と2つの部屋を見せてくれた。彼女が好きだという
「Azul(ブルー)」を選んだ。早くチェックインをしたい
理由はこういう所にもある。

とても感じのいい若いフロントの女性は英語も多少話せた。
結果、私にはスペイン語、Tomoには英語でという
面倒なことをサラッと笑顔で対応する彼女にまたも
メキシコ人のサービス業に適した一面に触れた気がした。

車は10ブロック離れたそのホテルが管理している駐車場へ
運ばれて行った。

そして部屋に案内されるとフレッシュなオレンジジュースを
持って来てくれたので、しばしルーフテラスで今日の
プランを練ることにした。

まずはお部屋。
640-OMD17386.jpg 640-OMD17387.jpg
↑ 決して広くはないけど、街歩きメインに
 考えていたサンミゲルなので十分すぎる。

640-OMD17388.jpg 640-OMD17385.jpg
↑ Nespressoと部屋の前の階段。

640-OMD17389.jpg 640-OMD17390.jpg
↑ バスルームもブルー。でもここは宇宙の青

640-OMD17391.jpg 640-OMD17392.jpg
↑ 洗面ボウルとか、照明とか、全部かわいい。

640-OMD17356_201508231138293f1.jpg
↑ ルーフテラスに上がってみた。
 ホテルの4階にあたるんだけど、傾斜地だから
 眺めもなかなかいい。

640-OMD17359_2015082311382861e.jpg
↑ お隣のルーフテラスは理想的。
 ここが工房で、GIULIAが周りで好きに過ごせるといいね。
 Tomoはそこで本読みながらセルベサ飲むんでしょ?

と、まるで新婚夫婦のような会話をする結婚18年目。

640-OMD17364_20150823113831419.jpg
↑ また別のお隣さんはアウトドア リビングが理想的。

640-OMD17365.jpg
↑ この部分。

寝室の外がこういうスペースになっていて
寝る前にお酒飲んだり、夫婦で話しをしたり
時にはうたた寝をしたり。
 
「私この家でもいい!」
と、勝手な妄想が膨らむのです。

しかしそれにはこの乾燥して年中同じような気温の場所で
更に虫がいない所じゃないと難しいよね〜
あぁ、サンミゲルに住みたい。

640-OMD17367.jpg
↑ これ丘の上までずっとルーフテラスのサンプル
 みたいになってます。見れば見るほど素敵なお家ばかり。

すでにホテルにチェックインしただけでもう満足って
いうくらいウキウキになってましたが、行ってみたいお店が
ここにはたくさんあるのです。

この後、素敵な町並みと、写真撮り放題な平和な
空気と人々のやさしさに絶叫しそうな私なのでした。

つづく。
 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/368-405034b3