Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

タラベラ焼きを求めてプエブラへ(3)

2日目はホテルから東の方面へ。


と、その前に朝食は付いていませんが、ホテルの中庭で食べられるバフェが評判よいとのことで8時集合で会場へ。
800-P8141921.jpg 
↑ 一部シリアルなどもありますが、基本はメキシコ料理でした。珍しいものもあり一通り食べてみたかった。

800-P8141923.jpg
↑ ホテルのバフェでも路上の屋台で使われているのと同じ調理器具が!伝統的なメキシコ料理にはこれが一番おいしくできるんでしょうね。

800-P8141922.jpg
↑ 朝食時間は7時からで私達は8時に行きましたが、10時からは生演奏がはじまるようです。

800-P8141916.jpg
↑ 1日目の記事にも書きましたが、右手前の緑色に黒い種が入っているのがサボテンの実トゥナを輪切りにした所です。他にパイナップル、メロン、スイカ、パパイヤとカッテージチーズ。え?これだけって?ちゃんとこの後スープもバルバコアもデザートのケーキも行きましたよ。

800-P8141917.jpg
↑ 部屋に戻る途中、テラサを発見。

800-P8141919.jpg
↑ いろんな所が表情があってもっとゆっくりカメラを持って散策しても飽きないな。

800-P8141918.jpg
↑ そして至る所に飾られたウリアルテの作品は、購入することができるようです。確認はしていませんが、値札が付いていました。この色の、私が持ってるカプチーノマグと同じシリーズだわ。

800-P8141926.jpg 
↑ 建物が本当に美しい。つい下を向いて歩きがちだけれど、見上げれば至る所に芸術品が立ち並んでいて好きなだけ眺めることができます。

だから、私は旅をする時、地図をなるべく頭に入れて見ながら歩かなくていいようにします。そうすると周りから見て旅人っぽさがないから狙われる確率も低くなりますし、その街の空気だとか生活だとかをしっかり目で見られるからという理由もあります。

今回は限られた時間で、各自の見たいお店などを巡るという課題もありましたので、その点と点を結ぶ役割はとても楽しいものとなりました。
800-P8141934.jpg
↑ 今現在の風景と思えないけど、今もある風景。

↓ おっ!!チュレリア発見。しかもまさに今揚げてる。
800-P8141937.jpg
誰かが言ったここのはおいしそうという言葉にさっき朝ご飯を食べたばかりなのにかじりつく一行。おじさんも観光客慣れしているのか、しっかり動きを止めてシャッターチャンスをいただきました。

スペイン語は最後に「リア」が付くとお店の名前になる。
チュロのお店だからチュレリア。
だからといって適当なものにリアを付けて言ってみたら、スペイン語の先生に「それはない」と切り捨てられたので、すべてではないことを念のため(笑)

あ、で、このグルグル系のチュロス屋さんはたいてい同じシステムなんです。右の機械に上から生地を入れると下から油の鍋に生地が出てくるわけです。それを金属の棒でグルグル巻き取るようにするとこの形に揚がります。

800-P8141941.jpg
↑ このグルグルチュロスはおじさんが適当に、、、あ、食べやすい長さにハサミでカットして砂糖かシナモン入りの砂糖をまぶして袋に入れてくれます。揚げたてはサクサクモッチリで間違いなくおいしい。お店によって生地が油が異なるのでそれぞれ個性があるのも楽しいですよ。

800-P8141939.jpg
↑ 並んでいる間に気になったお菓子。クリスマスのシーズンによく作られるそうです。

チュロス屋さん
"Antigua Churrería de Catedral"
Av.2 Sur 304A, Centro, Puebla
Av 5 Oriente と Av 2 Sur の東北角です。

800-P8141944.jpg
↑ ホテルから徒歩15分で "Talabera Celia" へ。ここも認定工場DC4の一つです。店は入り口がカフェになっていてその奥に小さめのお店があります。お店の方はとてもフレンドリーで奥の展示スペースのような所も案内して下さいました。

800-P8141948.jpg
↑ 店中央部にあるカフェ。品の良い地元のおじいさまが朝食を楽しまれていました。

"Talabera Celia"
Av 5 Oriente 608, Centro
Av 5 Oriente と Calle 6 Sur の東ブロック道路北側にあります。

ここは期待していたより品数はなかったけれど、ホテルから今日の第一目的のお店まで直接行くと30分はかかるので、途中で立ち寄るプランにしました。このお店の手前の道では日曜日に蚤の市が行われています。アンティークのお店も集まる地域ですので、時間があればゆっくり覗いてみても楽しいかもしれません。

さて、また東へ 5 de Mayo も渡りまだ東へ。
私とお友達が来たかったお店 "Talavera de la Luz" に到着。
800-P8141949.jpg
↑ 品数も多く柄の細かさや造りもここの好きだな〜

800-P8141950.jpg
↑ 今見ても欲しいのがあります。

800-P8141953.jpg
↑ お店の裏の工房。

"Talavera de la Luz"
Av. Don Juan de Palafox y Mendoza 1413, De Analco
Av. Don Juan de Palafox y Mendoza と Calle 14 Sur の東側です。
このお店の通りは素焼きの鍋とかマグのお店が並んでいますが、ちょっと微妙な雰囲気の通りもあるので女性だけとか少人数で行かない方がいいような気もします。

さて、まだつづく。
 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/386-80901776