Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

帰る帰るといい続け○年

豊洲にマンションを買い、GIULIAを迎え、バイクも白いDUCATIに

買い替え、これから新しい生活が始まると思った矢先、、、
「Go!!!U.S」と突然の内示。
Tomoを送り出した直後に 3.11 の震災があったり、これからの生活
どうなるの?なんて思ったりもしたけど、その頃日本での暮らしに
窮屈さを感じてもいたので割と気軽に
ちょっとアメリカへ行ってきます!
と、旅立った。


2年ほど離れるつもりだったのに、気がつけば4年が経ち、
いよいよ帰るよ!と日本への帰国準備をしていたら、なぜか
メキシコへ来ることになった。

「1年だけだから」

アメリカではメキシコのことをやたらと恐ろしい国だと映画や
なんかで扱うから、周りのアメリカ人も「なんでメキシコに?!」
とか、日本人も「旦那さん何かやらかした?」なんて言う人までいた(笑)

結局、もう帰るよ!と言いながら2年半。
時の流れはこんなにも急だったかな?


そして、そして、
今度こそ本当に日本へ帰ります!!!


私の駐妻生活、私にとってプラスでしかなかった。
Tomoは「あんなけ楽しんでたんやからそりゃそうでしょ」と笑うが
駐在している人の100%が楽しめているわけではない。
ただ、私はアメリカの地に降り立った瞬間「私の生きる場所はここだ」
と感じたのだ。それはただの直感でしかない。

アメリカでもメキシコでもたくさんの貴重な出会いがあり刺激も受けた。
言葉と人種の壁を感じうつむいたこともあったけれど
自分の可能性に気づかせてくれたのもやはり日本から出たからだと思う。

その国の魅力は旅だけでは味わえない。
1年、2年と暮らすうちに心にしみて来るものがある。

人と触れ合うこと、共に暮らすこと、家族のあたたかさ、
自然の美しさと恐ろしさ、異なる文化の人と互いを認め合う大切さ、
まだまだ私の足らない言葉では書ききれないけれど
全てのことが私に日々の驚きと感動をくれた。


この約7年の間、日本が恋しくなることもなく暮らしてこられたのは
アメリカやメキシコで出会ったたくさんのお友達のお陰です。
現地で知り合ったたくさんの人々のお陰です。
ネット上で私の日々の報告にいいね!やコメントを
くださった皆さんのお陰です。

変かもしれませんが、アメリカへ旅立つ時より、これから日本で
暮らすことに今は大きな不安を感じています。GIULIA含め家族と
共にがんばって新生活の立ち上げをしてまいりますが、立ち止まってしまったら
また皆さんに助けを求めるかもしれません。
その時はドンっ!と背中を叩いてやってください。
きっとまた歩き始められます。

10月からは日本です。
みなさま、今後ともよろしくお願い致します。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/398-d30bb320