Studio Tommeg ブログ

自然から受けたインスピレーションを大切にモノ作りをしています。

Chirimoya メキシコの果物

果物は決まったおばさんから買っている。それは鮮度もさながら今日食べたいのか?2〜3日後に食べたいのか?食べ頃の見極めをしてもらえるから。

スペイン語レッスンも10回ほど受け、いろんな表現ができるようになってきたので、話してみるとおばさんも嬉しそうに答えてくれた。

このチリモヤはそのおばさんに試食をすすめられて買ってみた。

2018081607454322c.jpeg 

「森のカスタード」とか「カスタードアップル」なんて呼ばれているんだけど、甘くて、トロッと柔らかい。熟れた洋ナシのような食感と思いの外多めな果汁が印象的で、手で割れるほど柔らかいので食べやすいのもいいかも。

木で熟さず収穫後追熟するのだけど、8〜30℃で保管しないと苦くなるらしい。まさにメキシコシティの気候にぴったりなのね。

そして、マンゴー、マンゴスチンと並び世界三大美果の一つだそうです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://blog.tommeg.com/tb.php/505-27840a9b